このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000099169
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M11060714309700
事例作成日
(Creation date)
2011/06/03登録日時
(Registration date)
2012年01月05日 02時10分更新日時
(Last update)
2019年03月31日 00時30分
質問
(Question)
 JR西日本が踏切の遮断棒の折損事故対策として開発した、先端部が折れ曲がってもすぐ復元する遮断棒について詳細なことがわかる資料はないか。
回答
(Answer)
情報源(質問)1に「JR西日本は20日、踏切で遮断棒が折られ、輸送障害が生じるケースを減らすため、折れ曲がってもすぐ復元する遮断棒を開発したと発表した。」との記述があったため、JR西日本のホームページで同日発表のプレスリリースを参照すると、資料①には、「3 踏切しゃ断棹折損低減の取り組み (3)踏切しゃ断棹折損低減に向けた具体的な対策」に折れ曲がってもすぐ復元する遮断棒について詳しく紹介されている。
資料②には、新しく導入されたしゃ断棹に使われている素材である「ハイトレル」については東レ・デュポン株式会社のホームページで詳しく紹介されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
鉄道工学  (516 9版)
参考資料
(Reference materials)
資料① JR西日本『5月定例社長会見(平成23年5月20日)』(http://www.westjr.co.jp/news/newslist/article/1175320_799.html)(2011.11.19確認)
資料② 東レ・デュポン株式会社『製品案内 ハイトレル(ポリエステルエラストマー)』(http://www.td-net.co.jp/hytrel/index.html)(2011.11.19確認)
キーワード
(Keywords)
遮断棒
踏切
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2011060714360709700
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000099169解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!