このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000157178
提供館
(Library)
福井県立図書館 (2110037)管理番号
(Control number)
福井県図20140109-2
事例作成日
(Creation date)
2014年01月09日登録日時
(Registration date)
2014年07月31日 15時39分更新日時
(Last update)
2014年07月31日 15時58分
質問
(Question)
石積みについての書籍を探している。
古代から現代に至るまでの石(レンガ、コンクリートブロック等含む)の積み方を解説した本があれば教えてほしい。
もちろん時代別、素材別、目的別など複数の書籍に分かれていればそれぞれ教えていただきたい。
工学的よりも歴史的アプローチのものを知りたいが、工学的な書籍しかないようであればそれを教えてほしい。
思いつく例としては、古代:古墳の石積みの仕方、中世・近世:砦や城郭の石垣の積み方、近代:明治期隧道のレンガ積み、石造り橋脚の石積み、①山岳地の道路拡張の際などに路肩に積まれる石、道路斜面の崩れを防ぐコンクリート積み、現代:各時代の応用で何か伝わる技術があれば。
このようなところを想定しているが、ちょっと調べようがなく困っている。
個人の墓石や五輪塔の積み方などではなく、大きな構造物を構成する石積みについて知りたい。
また、もしガザのピラミッド、万里の長城、アステカの石積み、欧州の築城技術などでも石積みに焦点を絞った書籍があるのならそれも教えていただけると助かる。
回答
(Answer)
石積みについて、質問事項全てを網羅した資料は、確認できず。
当館所蔵資料で、石積みに関する記述があったものを下記の通り紹介する。
紹介資料の内容説明に利用するため、質問文中の事項に【A】~【K】のアルファベットを付与。
古代:古墳の石積みの仕方【A】、中世・近世:砦や城郭の石垣の積み方【B】、近代:明治期隧道のレンガ積み【C】、石造り橋脚の石積み【D】、①山岳地の道路拡張の際などに路肩に積まれる石【E】、道路斜面の崩れを防ぐコンクリート積み【F】、現代:各時代の応用で何か伝わる技術【G】、
ガザのピラミッド【H】、万里の長城【I】、アステカの石積み【J】、欧州の築城技術【K】
以下、書名、著編者名、発行者名、発行年、当館資料番号、内容の順で記載。

(1)「石垣」田淵実夫/著 法政大学出版局 1975 (1010196424)【A】【B】【G】*村落・農地の石積みが主体。歴史的・民俗学的記載が主体。石積みの古法の記載も有り。巻末に石工用語集の記載有り。
(2)「石垣普請」北垣聡一郎/著 法政大学出版局 1987 (1011580790)【B】*歴史的記載が主体で、特に石積みの専門家集団・穴太衆に関する記載が多い。
(3)「石積作法」龍居庭園研究所/編 建築資料研究 2003(1014203432)【B】【G】*村落・田畠の石積が主体。石積の積み方の図解もあり。巻末に石積用語集の記載有り。
(4)「城と石垣」峰岸純夫/編 高志書院 2003 (1014436313)【B】*巻末に石垣関係用語集の記載有り。
(5)「石積み」サンケイ新聞社/編 光風社書店 1977 (1010188090)【A】【B】【D】【G】*著名作家による、日本全国の石垣などについての随筆をまとめたもの。工学的記載は少ない。
(6)「歴史的土木構造物の保全」土木学会歴史的構造物保全技術連合小委員会/編 鹿島出版会 2010 (1015673773)【A】【B】【D】*工学的記載が主体。積み方に関する記載ほとんどなし。
(7)「石垣を積む」佐藤武/著 東京新聞出版局 1999 (1018297927)【B】【F】*工学的記載が主体だが歴史的記載も有り。積み方や道具などの写真図版多数収録。
(8)「石屋史の旅」渡辺益国/著 渡辺石彫事務所 1987 (1011582580)【B】*穴太衆および現代の穴太流石積師に関する一編「穴太」を収録。
(9)「城のつくり方図典」三浦正幸/著 小学館 2005 (1014555351)【B】*p44~80「石垣を築く」で城郭石垣についての歴史的・工学的記述有り。
(10)「名勝及び史跡山寺石積み崩落復旧工事報告書」宝珠山立石寺 2005 (1018344950)【B】*写真・図版多数収録。
(11)「江戸城跡皇居山里門石垣修復工事報告書」宮内庁管理部 2009 (1018483931)【B】*写真・図版多数収録。
(12)「全国城跡等石垣整備調査研究会記録集 第8回」第8回全国城跡等石垣整備調査研究会実行委員会/編 第8回全国城跡等石垣整備調査研究会実行委員会 2011 (1018465508)【B)*写真・図版多数収録。
(13)「建設資材ハンドブック」建設資材研究会/編集 経済調査会 1996 (1012655864)【F】*p318~321「積みブロック」でコンクリート製品の積み方の記述有り。
(14)「日本煉瓦史の研究」水野信太郎/著 法政大学出版局 1999年 (1013242589)【C】p243~256「煉瓦の組積方法」で歴史的・工学的記載有り。
(15)「鉄道と煉瓦」小野田滋/著 鹿島出版会 2004 (1014427775)【C】【D】*鉄道に関わる煉瓦積みと石積みの歴史的・工学的記載有り。
(16)「建築百科大事典 第1巻」産業調査会 1983 (1011396999)【L】*p175「石積み擁壁」の項で簡易な分類の説明とイラストの記載有り。
(17)「石工事を科学する」上山正二/著 石文社 1990 (1012972079)【H】【G】*工学的記載が主体。
(18)「ピラミッド」デビッド・マコーレイ/作 岩波書店 1979 (1011486014)【H】*建造過程がイラスト付きで平易に紹介されている。
(19)「世界の遺跡と名建築 6」リゾーリ社/編 講談社 1983 (2010023808)【J】*p105~120「マチュピチュ」で、アステカではなく、インカ帝国の遺跡マチュピチュの写真と簡易な説明有り。
(20)「世界の遺跡と名建築 8」リゾーリ社/編 講談社 1983 (2010023824)【H】【I】*p9~40「ギーザのピラミッド」、p41~56「万里の長城」で写真と簡易な説明有り。
(21)「橋」アン・マグレガー/作 草思社 1981 (1014622029)【D】*橋の構造がイラスト付きで平易に紹介されている。
(22)「図説年表 西洋建築の様式」 鈴木博之/編 彰国社 1998 (1013020092)【K】*p22に煉瓦の積み方、p26に石の積み方の簡易な記載あり。その他、様々な建築様式の詳細なイラストあり。
(23)「ランドスケープの修景石工事マニュアル」造園技術研究会/編 経済調査会 1996 (1012575666)【G】*工学的記載が主体。

*日本の城壁の石積みに関しては、(9)以外にも類似資料があるが、情報量の多い(9)のみを紹介。
回答プロセス
(Answering process)
(1)OPACで検索
(2)建築・土木の書架をブラウジング
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
建設工学.土木工学  (510 8版)
建築学  (520 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
石積
石垣
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人 社会人
登録番号
(Registration number)
1000157178解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!