このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000111151
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2012-060
事例作成日
(Creation date)
2012年06月21日登録日時
(Registration date)
2012年09月11日 11時19分更新日時
(Last update)
2012年12月11日 10時23分
質問
(Question)
建設会社のERPシステム開発のために、建設会社(個人の住宅建設を請け負う工務店から中小規模の会社)の見積もりから引き渡しまでの業務の流れやお金の流れ、会計基準を解説した資料がみたい。
回答
(Answer)
以下の資料を紹介した。
『建設業 業種別会計シリーズ』(建設業研究会編 第一法規 2011)
「営業~受注・契約~設計~施工~請求・入金~完成・引渡し」という業務の流れに沿って詳しく解説されている。
 各項目ごとにポイントと着眼点などが示され、図も多くてわかりやすい。事項索引付き。
『図解建設業界ハンドブック』(渡辺一明著 東洋経済新報社 2002)
 建設業界・経営の仕組み・規制・法律・入札のメカニズム等、箇条書きや豊富な図(グラフやフロー)で解説。
「ERPを生かす 東亜建設工業 原価を日次で集約赤字事業が黒字に」(『日経情報ストラテジー No.148』p200-203 日経BP社 2004)建設業で導入した事例あり。
回答プロセス
(Answering process)
まずは〈ERPシステム〉について調査する。
ウェブサイト《@ITマネジメント用語辞典》に〈ERP〉についてあり。
 「ERP」とは、企業内のあらゆる経営資源(人員、物的資産、資金、情報)を有効活用しようとの観点から、全体で統合的に管理し、最適に配置・配分することで効率的な経営活動をめざす経営手法。企業の主要業務(財務・管理会計・人事、生産、調達、在庫、販売など)を包括する情報システムを構築するため統合型パッケージソフトウェアをERPパッケージという。 ( http://www.atmarkit.co.jp/  2012/11/15 アイティメディア 最終確認)

《国立国会図書館サーチ》を〈ERP & 建設〉で検索する。
「ERPを生かす 東亜建設工業 原価を日次で集約赤字事業が黒字に」(『日経情報ストラテジー No.148』p200-203 日経BP社 2004)建設業で導入した事例あり。

建設業の業界情報についての資料
『業種別審査事典 4 第12次〔全面改訂版〕』(金融財政事情研究会編  金融財政事情研究会 2012)
 p530~540〈中小工務店〉業種の特色、業務内容・特性、取引形態と条件、などについて簡単な解説あり。
『建設 最新データで読む産業と会社研究シリーズ+α』(伊藤歩著 産学社 2008)
 建設会社の組織、現場の仕事など(主に大企業について)についての掲載あり。
会計、中小企業経営一般(建設業に限らず)についての資料
『「中小企業の会計に関する指針」と税務』(長岡勝美著 税務研究会 2006)
『中小企業の経営実務ハンドブック』(第一経理グループ 城北法律事務所編 旬報社 2009)
自館目録を全項目〈建設業 & 経営〉で検索し、資料にあたって中小企業向けに書かれているかどうかを確認した。
『建設業の会計実務 業種別アカウンティング・シリーズ1』(あずさ監査法人編 中央経済社 2010)
『建設業のための組織再編 法務・会計・税務と経営事項審査』(建設経営サービス 日本コンサルタントグループ 清文社 2012)
『中小建設業経営のすべて 業種別経営実務シリーズ50』(清水良章著 経営情報出版社 1989)
部分的に情報が掲載されている資料
『建設業の会計実務 業種別アカウンティング・シリーズ 1』(あずさ監査法人編 中央経済社 2010)
 経営・会計・税務・監査についての解説があるが、やや専門的。
『建設業のための組織再編 法務・会計・税務と経営事項審査』(建設経営サービス・日本コンサルタントグループ著 清文社 2012)
 効率的な事業運営、事業部門の強化拡大について解説されているが、合併・会社分割・事業譲渡等の手法が中心。
『Q&A・建設業の税務と会計処理』(吉野昌年著 清文社 1997)
 やや専門的な会計実務に関するQ&A形式の解説書。巻末に法律・規則等の資料付き。

以下の資料には、建設業の事例はなし。
『図解ERP入門 情報革命児ERPが日本的経営を変える』(ERP研究会著 日本能率協会マネジメントセンター 1997)
『ERPとビジネス改革 統合業務パッケージ活用の誤解と指針』(手島歩三〔ほか〕編  日科技連出版社 1998)
『戦略的ERPの実践』(近安理夫著  東洋経済新報社 2001)
「ERP・SCM最適導入法 パッケージ・ソフトによる業務プロセスの根本的見直し」(『日経情報ストラテジー No.148』p200-203 日経BP社 2004)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
建設工学.土木工学  (510 9版)
参考資料
(Reference materials)
『建設業 業種別会計シリーズ』(建設業研究会編 第一法規 2011)
『図解建設業界ハンドブック』(渡辺一明著 東洋経済新報社 2002)
「ERPを生かす 東亜建設工業 原価を日次で集約赤字事業が黒字に」(『日経情報ストラテジー No.148』p200-203 日経BP社 2004)
キーワード
(Keywords)
建設業経営・会計
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000111151解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!