このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
D2009F0442
事例作成日
(Creation date)
20090511登録日時
(Registration date)
2009年12月25日 02時11分更新日時
(Last update)
2009年12月25日 02時11分
質問
(Question)
岩崎八重子の著書『八重櫻』の書誌を知りたい。
岩崎八重子は、岩崎弥之助の次男である岩崎俊弥(明治14~昭和5 旭硝子創業者)の長女。「曹洞宗の禅を修行し、若くして大悟するが、26歳で夭折」と出ている。  http://www6.plala.or.jp/guti/cemetery/PERSON/A/iwasaki_t.html より

ほか、Googleで検索した個人ブログ等に以下の記載がある。
・「(前略)八重櫻は岩崎八重子女史の著書に成るのだが、その中で自分の本当の父親は「原田祖岳で在った」と《了悟》した下りが書かれている。(後略)」  http://sinndougennsiyuu.hp.infoseek.co.jp/Joudoue.95~102Page.html  
・「(前略)第六部は岩崎八重子と原田祖岳老師の書簡集。たしか『禅の法門』に収録されていたやりとりを英訳したもの。二十代の若さで岩崎八重子は病没するが、その直前に禅の指導を原田老師から受け、大悟したという。そのあたりの記録。(後略)」
http://homepage2.nifty.com/kkomori/doku0311.htm  より
回答
(Answer)
ご照会の件につき、下記文献1を確認したところ、1は岩崎八重子の遺稿、八重子が原田祖岳へ送った書簡と祖岳の評曰、八重子の関係者の追悼文からなるもので、ご照会の文献と同じものではないかと思われます。
なお、1収録の祖岳への書簡と祖岳の評曰を、現代仮名遣いに直して掲載している文献に2があります。

データーベースの最終アクセス:2009.5.8

1.『八重さくら』 加瀬喜一郎編・刊 1937 和装 (当館請求記号YD5-H-特261-506(マイクロフィッシュ))

2.『悟りなき「悟り」への道』 窪田慈雲著 春秋社 2002 (当館請求記号HM171-G90)
*181頁~201頁に付録として、「岩崎八重子大姉大悟の体験」と題し、八重子の原田祖岳への書簡と祖岳の評曰を掲載。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
岩崎八重子は、福井県小浜市の発心寺住職・原田祖岳(明治4~昭和36)との師弟関係があった。質問者は禅宗関係の本で、『八重櫻』にその間の事情が載っているらしいことを知った。
・事前調査済
NDL-OPACなし、NACSIS-Webcatなし、国立国会図書館総合目録ネットワークなし、
福井県内図書館総合目録、Webcat-Plus、日本の古本屋、スーパー源氏、駒澤大学図書館OPACなし(『八重櫻』の所蔵)、『原田祖岳著作集』全7巻 原書房・・・各巻末に「原田祖岳自伝」を掲載。ざっと見た限りでは、岩崎八重子についての記述はなかった。
『日本女性人名総索引』上下 日本図書センター ・・・「岩崎八重子」の項なし


NDC
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000061189解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!