このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
C2007T0718
事例作成日
(Creation date)
2007/07/18登録日時
(Registration date)
2007年11月14日 02時11分更新日時
(Last update)
2008年03月13日 15時13分
質問
(Question)
携帯音楽プレーヤー(iPod等)の生産高を調べたい。
回答
(Answer)
iPod等の携帯音楽プレーヤー(その他にも「デジタルオーディオプレーヤ(ー)」等さまざまな表現があります)の生産高に関する資料をご紹介します。(【 】内は当館請求記号)

●『電子機器年鑑』中日社 年刊 【Z43-2643】
 2007年版は、以下のページにデータが載っています。
・pp.411~413「HDD/メモリーオーディオプレーヤ」
・p.411「携帯型メモリーポータブルプレーヤの世界生産推移」(2002年~2005年実績、2006年~2009年予測)
・p.413「2005年メーカー各社の地域別世界生産」

●『デジタル家電市場総覧』日経BPコンサルティング 年刊 (『日経マーケット・アクセス』【Z71-G893】の別冊)
 2007年版は、以下のページにデータが載っています。
・p.144「携帯型デジタル・オーディオ・プレーヤーの世界生産台数推移」(2003年~2005年実績、2006年~2007年予測)
・p.145「携帯型デジタル・オーディオ・プレーヤーのHDD/メモリー別の世界生産台数推移」(2003年~2005年実績、2006年~2007年予測)
 注:2006年版の『IT市場総覧』(日経BPコンサルティング 年刊)の「携帯型オーディオ」の項にも同じデータが載っています。

●『民生用電子機器データ集』電子情報技術産業協会 年刊 【Z3-2952】
2006年版は、以下のページにデータが載っています。いずれも国内出荷(販社出荷ベース)統計です。
・p.84「デジタルオーディオプレーヤ(半導体メモリ+HDD)」
・p.85「デジタルオーディオプレーヤ 半導体メモリ」
・p.86「デジタルオーディオプレーヤ HDD」

最新の統計は、電子情報技術産業協会HP( http://www.jeita.or.jp/japanese/ )の「統計資料」( http://www.jeita.or.jp/japanese/Default.asp?c=1 )にある「民生用電子機器国内出荷実績」(月1回発表)でご覧になれます。同HPによると『民生用電子機器データ集』は、2007年版より『民生用電子機器国内出荷データ集』に改題し、CD-ROM版のみの刊行となるようです。
同協会からは以下の資料も刊行されています。

●『AV主要品目世界需要予測』電子情報技術産業協会 年刊
 2007年版は、pp.69~70「デジタルオーディオプレーヤ」に主要国・地域別(日本含む)需要予測値および需要動向が載っています。『日経マーケットアクセス』【Z71-G893】の127号(2007年4月)「世界のデジタル家電需要」p.23によると、今年初めて「デジタルオーディオプレーヤ」が調査項目に加わったそうです。
◎『工業統計表』、『機械統計年報』等の官庁統計
下記の資料および、経済産業省HPの「統計」
http://www.meti.go.jp/statistics/index.html )で直近の統計を確認しましたが、今の
ところ「携帯音楽プレーヤー」のみの生産高がわかる官庁統計は見当たりませんでした。

●『機械統計年報』経済産業調査会 年刊 【Z41-787】
平成17年版はpp.247~248に「ポータブルオーディオ」、「ホームオーディオ」の項目があります。平成17年に両方とも名称変更が行われています。「ポータブルオーディオ」は以前、「ヘッドホンステレオ」という項目でした。また「ホームオーディオ」は「ラジオ付CD・MDシステム」、「ステレオセット」、「デジタルオーディオディスクプレーヤ(ステレオセット用及び自動車用を除く)」を統合、名称変更して作られた項目です。

●『工業統計表 品目編』経済産業省経済産業政策局調査統計部 年刊 【Z41-489】
平成16年版はp.272に「デジタルオーディオディスクプレーヤー」の項目があります。
『工業統計調査産業分類説明書』【D8-E20】、および『日本標準産業分類 平成14年3月改訂』【D8-G19】によると、CDプレーヤーやMDプレーヤー等も含まれるようです。

◎マーケティング資料
市場規模(実績、予測)が載っている、2005年以降に発行された新しい資料を何点かご紹介します。

●『デジタルAV機器市場マーケティング調査要覧』富士キメラ総研 年刊
2006年版はpp.237~240「HDDオーディオ」、pp.241~244「シリコンオーディオ」、pp.245~247「メモリーカードオーディオ」に世界、日本それぞれの市場動向および予測が載っています。

●『携帯デジタルプレーヤーの動画対応とメーカー戦略』シード・プランニング 2006 
【DL475-H431】
pp.49~54「携帯デジタルプレーヤーの市場動向」に世界、日本それぞれの市場規模推移および予測が載っています。
●『情報機器マーケティング調査総覧』富士キメラ総研 年刊
2006年版(上)は以下のページにデータが載っています。
pp.258~269「ポータブルAVプレーヤー/レコーダ」、p.260、263に「デジタルオーディオプレーヤー」の日本および世界の市場規模が載っています。

上記資料は最近のデータを調べるためのものです。年代を遡って調べる際は、資料のタイトルや当館請求記号が異なる場合があります。また、一部の資料については刊行年、巻次等によって請求記号が異なるため、ここでは記載を省略しています。当館蔵書検索・申込システムNDL-OPAC( http://opac.ndl.go.jp/index.html )によって、請求記号をご確認ください。

(インターネット最終アクセス:2007年8月18日)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
通信工学.電気通信  (547 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
デジタル・オーディオ・プレーヤー
音響再生装置
電子機器
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000039402解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!