このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
B2018口頭0101
事例作成日
(Creation date)
2017/12/14登録日時
(Registration date)
2018年01月18日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年01月18日 13時01分
質問
(Question)
月周回衛星「かぐや」が取得したデータを解析した結果、マリウス丘付近の地下に巨大な空洞が発見されたというニュースがあった。マリウス丘が月のどこにあるかを知りたいので、月の表面の地図や画像は無いか。
回答
(Answer)
「かぐや」を打ち上げた宇宙航空研究開発機構のホームページ内に、マリウス丘についての情報が掲載されているインターネット情報源1が見つかりましたのでご紹介します。
【 】内は当館の請求記号です。インターネットの最終アクセス日は2017年12月18日です。

インターネット情報源1
宇宙航空研究開発機構
>月周回衛星「かぐや(SELENE)」
>かぐや3Dムーンナビ
https://darts.isas.jaxa.jp/planet/3dmoon/index.html

「かぐや」が取得した画像やデータが3D表示され、閲覧・マウス操作できるサービスです。(推奨動作環境については上記のウェブページをご覧ください。)
月全体について緯度・経度(共に10度単位)と地名を確認することができ、「マリウス丘」が、緯度:10Nと20Nの間、経度:50Wと60Wの間に位置していることがわかります。また、「マリウス丘」とは別に、「マリウス」という地名が「マリウス丘」の南東方向にあることもわかります。

国立国会図書館提供調べ方ページ「リサーチ・ナビ」内の調べ方案内では、宇宙科学について調べるための資料・インターネット情報源を紹介しています。
・宇宙科学について調べる( http://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/post-486.php

これを参照してNDL-OPACを検索したところ、「マリウス」について記載した以下の資料1から3が見つかりましたので、ご参考までに紹介します。資料1より、「マリウス」は溶岩に満たされたクレーターであり、大きさは41kmであることがわかります。

資料1
A.ルークル 著 ; 山田卓 訳. 月面ウォッチング. 新装版. 地人書館, 2004.11 【MB75-H6】

資料2
林完次, 渡部潤一, 牛山俊男, 月本佳代美 著. 星の地図館. New ed. 小学館, 2005.7 【YU9-H206】

資料3
Wil Tirion. The Cambridge star atlas. Fourth edition. Cambridge University Press, 2011 【MB5-B2】
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
月  (446)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
かぐや
マリウス丘
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000228673解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!