このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000038546
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
C2007F0633
事例作成日
(Creation date)
2007/08/29登録日時
(Registration date)
2007年10月31日 02時11分更新日時
(Last update)
2007年11月07日 16時24分
質問
(Question)
カレッジリンク型老人ホームについて、
1.国内では関西大学が行っているようだが、国内での状況について知りたい。
2.アメリカでの状況(実施大学の数、施設の概要、カリキュラム等)を知りたい。
3..1、2に限らず「カレッジリンク型」について関連書籍を読みたい。
回答
(Answer)
ご照会の件について以下のように回答いたします。【 】内は当館請求記号です。

1.国内では関西大学が行っているようだが、国内での状況について知りたい

“カレッジリンク”、“大学の経営戦略”、“高齢者×住宅”、“高齢者×大学”、“高齢者(またはシニア、シルバー)×ビジネス”等をキーワードに図書、雑誌、新聞を調査しましたが、関西大学以外の情報は見つかりませんでした。以下に関西大学の「カレッジリンク型シニア住宅」事業に関する情報が載っている資料をご紹介します。

・河田悌一:「シニアエイジ・フロンティア-カレッジリンク型シニア住宅の創設にむけて」(『IDE』 487号 2007.1 pp.36~39 【Z7-213】)
筆者の河田悌一氏は関西大学の学長です。

・『少子化・高齢化ビジネス白書』2006 日本ビジネス開発 2006【Z71-K670))
「生きがい・カルチャー市場」のpp.155~156に関連情報が載っています。

また関西大学のHPに「カレッジリンク型シニア住宅」事業に関する詳しい情報が載っています。

・関西大学文学部のHP「日本初の「カレッジリンク型シニア住宅」の創設に文学部は教育プログラムを提供します」
このページに【関連資料】という項目があり、事業内容が分かります。2007年度はプレコースを開設し、本
格実施は2008年度開始予定です。
http://www.kansai-u.ac.jp/Fc_let/topics/college-link/college-link.htm
・関西大学のHP「日本初の「カレッジリンク型シニア住宅創設に向けて」
http://www.kansai-u.ac.jp/Fc_let/topics/college-link/greeting.pdf

全国紙および地方紙、業界紙の一部が横断検索できる「日経テレコン21」(当館契約のデータベース)を“カレッジリンク”で検索したところ(1年分)、23件の新聞記事がヒットしました。記事見出しを通覧したところ、ほとんどの見出しに“関西大学(関大)”という言葉が入っていました。見出しに“関西大学”と入っていない何点かの記事は現物を確認しましたが、他の情報は見つかりませんでした。

その他に以下の資料を調査しましたが、関西大学を含め国内の状況について書かれた資料は見つかりま
せんでした。

・『第三の高齢社会対応住宅事業化モデルプラン集』綜合ユニコム 2005 【NA241-H233】
・『高齢者住宅新聞』全国賃貸住宅新聞社【Z85?1465))
関西大学が「カレッジリンク型シニア住宅」プランを公表したのが2006年6月だったため、2006年6月~8月(
当時は半月刊)、および直近の2007年6月~8月(月3回刊)の新聞を通覧しましたが、カレッジリンクに関する情報は見つかりませんでした。

2.アメリカでの状況(実施大学の数、施設の概要、カリキュラム等)を知りたい。

・『第三の高齢社会対応住宅事業化モデルプラン集』綜合ユニコム 2005 【NA241-H233】
pp.114~116に「大学内リタイアメント・コミュニティ(米国)」という項目があり、ハワイ島の事例等が載ってい
ます。

他に『アメリカ高齢者住宅視察報告書 2000年度』高齢者住宅財団 2001 【EF53-H9】等の図書資料も調査しましたが、関連する記述は見つかりませんでした。

次に NDL-OPACの「雑誌記事索引」( http://opac.ndl.go.jp/index.html )を“カレッジリンク”、“アメリカ(または米国)×高齢者(またはシニア)住宅”で調査したところ、以下の雑誌記事が見つかりました。

・村田裕之:「キャンパスに「カレッジリンク型」老人ホームを」(『大学時報』 54(302) 2005.5 pp.112~117 【Z7-41】)
筆者の村田裕之氏は1.でご紹介した関西大学のHPによると、「カレッジリンク型シニア住宅」事業を共同実施する(財)社会開発研究センターの理事長です。マサチューセッツやフロリダの事例が簡潔に紹介されています。

・吉田隆幸、森高伸明「米国高齢者住宅視察報告(その1)」(『いい住まいいいシニアライフ』 62号 2004.9 pp.22~27  【Z71-L924】) 
p.27に「ユニバーシティ・ビレッジ・プログラム」に関する記述があります。
*なお『いい住まいいいシニアライフ』は記事の採録を63号(2004.11)から開始したため、当該論文はNDL-OPACの「雑誌記事索引」ではヒットしません。

・大井孝光「海外最新情報 ニューヨーク 米国高齢者住宅の新たな展開」(『日経研月報』 299号 2003.5 pp.12~16 【Z3-3289】)
記事の大部分が大学と関連したCCRC(Continued Care Retirement Community)に関するものであり、お求めの内容と近いようです。
なお、この記事は「高齢者住宅の新たな展開-米国のアクティブ・シニアと高齢者誘致による地域活性化- 2003年3月」(日本政策投資銀行ニューヨーク駐在員事務所 大井孝光)を要約・加筆・修正したものとあります。
「高齢者住宅の新たな展開」はインターネットで全文をご覧になれます。 
http://www.dbj.go.jp/japanese/download/br_report/ny/79.pdf
pp.19~27「第5章 CCRCの事例紹介」に詳しく載っています。

また、Googleを“カレッジリンク×CCRC”で検索すると以下の論文がヒットしました。

・宇都正哲、岡村篤「高齢化社会における新たな居住スタイル-米国におけるカレッジリンク型CCRCの展開-」(『NRIパブリックマネジメントレビュー48号2007.7)( http://www.nri.co.jp/opinion/region/2007/pdf/ck20070702.pdf
インターネットで全文をご覧になれます。2007年7月発行なので最新の動向が載っているものと思われます

p.2に「現在では数十のカレッジリンク型CCRCが開設されており、その数は増加傾向にある」という文章お
よび「主要なカレッジリンク型CCRCの所在地」が載っています。
当館では『NRIパブリックマネジメントレビュー』【Z71-K672】2007年7月号を所蔵していますが、現在雑誌記事索引の採録作業を行っており、掲載ページは未確認です。

3.1、2に限らず「カレッジリンク型」について関連書籍を読みたい
(注:ご質問を「日本とアメリカ以外の、諸外国の「カレッジリンク型」に関する資料」と解釈して調査しました。)

(財)高齢者住宅財団では毎年、海外高齢者住宅視察報告書を作成しています。( http://www.koujuuzai.or.jp/html/page05_01.html#02 )。
HPでは報告書の中身までご覧になれませんので、当館で所蔵している中から2002年以降に発行された以下の報告書を確認しましたが、「カレッジリンク型」に関する記述は見つかりませんでした。
*出版社は全て(財)高齢者住宅財団です。

・『北欧高齢者住宅視察報告書 2002年度』 2003【EF53-H11】
・『オーストラリア高齢者住宅視察報告書』 2004【EF53-H17)
・『イタリア高齢者住宅視察報告書』 2005【EG51-H1153)
・『フィンランド高齢者住宅視察報告書2005年』2006(注:NDL-OPACでは出版年を[2005]と表記)【EG51-H1152】
*最新刊の『スペイン高齢者住宅視察報告書 2006年度』は当館未所蔵です。

またGoogleを“カレッジリンク”で検索しましたが、日本およびアメリカ以外の事例は見つかりませんでした。

(インターネットの最終アクセス:2007年8月27日)

【以下、レファレンス協同データベース入力後情報】

下記の図書が刊行されています。
『リタイア・モラトリアム : すぐに退職しない団塊世代は何を変えるか』 村田裕之著 日本経済新聞出版社, 2007.8
第10章 カレッジリンクという「知縁型」ライフスタイル  pp.181-200

近畿大学 様からご教示いただきました。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
カレッジリンク型老人ホームについて:リタイア後も知的刺激がほしいという高齢者のために、大学構内に老人ホームを設置する動きがアメリカで広がっている「カレッジリンク型」と呼ばれる施設(平成16年5月19日 日経新聞夕刊から)
NDC
朝鮮  (221 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
住宅問題
高齢者福祉
カレッジリンク型老人ホーム
シルバー産業
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
公共図書館
登録番号
(Registration number)
1000038546解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!