このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000075370
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
B101029141454
事例作成日
(Creation date)
20101110登録日時
(Registration date)
2010年12月16日 02時00分更新日時
(Last update)
2010年12月16日 14時24分
質問
(Question)
インテルX86系CPU用アセンブラについての解説書を読みたい。
アセンブラの命令(ニーモニック)について解説があり、各命令がマシン語でどのように表記されるか対照できるものが必要です。
回答
(Answer)
照会事項について回答します(【 】内は当館請求記号です)。

お問い合わせの件に関する資料をNDL-OPACにて検索したところ、当館所蔵資料として以下の資料がありました。

①8086CPUの命令セットが紹介されている資料

資料(1)
8086演算サブルーチン・ライブラリ / 成田福雄. -- 工学社, 1987.12 【M159-E324】
「第2章i8086/8088の命令」(pp.73-118)及び「付録3:i8086/8088命令セット」(pp.386-413)に8086CPUの命令セットについて掲載されています。

資料(2)
ザ8086ブック : 16ビット・マイクロプロセッサ8086・8088の使い方 / ラッセル・レクター,ジョージ・アレクシー . -- 産報出版 1982.9 【M164-31】
「第3章 8086アセンブリ言語の命令セット」(p28-264)、に命令セットについての解説が掲載されています。「付録B 8086命令セット一覧-アルファベット順-」(pp.477-484)、「付録C 8086命令セット一覧-オブジェクトコード数値上昇分-」(pp.485-492)に命令セット一覧が掲載されています。

資料(3)
ASM86アセンブリ言語リファレンス・マニュアル / インテルジャパン 1986.4【M159-2034】
「第6章 8086/807/8088 命令セット」(pp.59-143)に命令セットについて掲載されています。


②x86系CPU32bit版に関する命令セットが紹介されている資料

資料(4)
80386プログラム入門 : 80386でアセンブラを学ぼう / Lance Leventhal. -- JICC出版局, 1989.9 【M159-E903】
x86初の32bit CPUである80386の命令セットの案内が、「第2章 80386アーキテクチャと命令セット」(pp.41-92)及び「付録B 80386の命令セット」(pp.257-278)に掲載されています。


③インテルでは、32bit版x86CPUの命令セットであるIA-32の解説書をインターネットで公開しています。

資料(5)
Intel IA-32 インテル アーキテクチャ ソフトウェア・デベロッパーズ・マニュアル
中巻A 命令セット・リファレンスA-M
http://download.intel.com/jp/developer/jpdoc/IA32_Arh_Dev_Man_Vol2A_i.pdf
中巻B 命令セット・リファレンスN-Z
http://download.intel.com/jp/developer/jpdoc/IA32_Arh_Dev_Man_Vol2B_i.pdf


インターネットの最終アクセス日は、2010年11月5日です。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
情報学.情報科学  (007)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
インテルX86系CPU用アセンブラ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000075370解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!