このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
県立長野図書館 (2110021)管理番号
(Control number)
県立長野-17-017
事例作成日
(Creation date)
2017年04月18日登録日時
(Registration date)
2017年04月25日 17時48分更新日時
(Last update)
2017年04月27日 13時14分
質問
(Question)
明治13年頃から14年頃、長野県の副知事に当たる職に就いていた鳥山賢三(山口県士族)の写真もしくは肖像画が掲載されているものはあるか。
回答
(Answer)
長野県で大書記官を務めていたころは、鳥山賢三ではなく鳥山重信となっているが、いずれの名前でも写真および肖像画は確認できなかった。長野県での在職期間が明治14年2月頃から明治19年8月頃であることを伝える。
回答プロセス
(Answering process)
1 『長野県史』長野県編 長野県史刊行会 の通史編、近代資料編などをあたるが、写真および肖像画はない。

2 『長野県政史』第1巻 1971 長野県編・刊【N317/74/1】にも写真および肖像画はない。

3 『長野県職員録 明治16年2月28日改』第3コマ【最終確認2017.4.25】に、大書記官・従6位で鳥山重信の名前がある。利用者の明治14年ごろまでいたという情報と異なる。

4 「信濃毎日新聞データベース」で、明治期のものを「鳥山」で検索かける。明治14年7月16日の1面の「長野県録事」欄に「長野県令代理 長野県少書記官 鳥山重信」名による通知のようなものが3件記載されている。このいずれの記事にも写真および肖像画はなかった。

5 「朝日新聞記事データベース 聞蔵II」で「鳥山重信」を検索する。1881年12月21日から1891年4月1日にかけて9件あり、長野県時代の記事は3件(1881年12月21日から1882年7月22日)だった。明治15年2月11日の記事に大書記官に昇進したことが報じられている。この9件、いずれれの記事にも写真および肖像画はなかった。

6 長野県立歴史館の収蔵資料検索をする。行政文書でヒットしたが、写真や肖像画はなかった。これらのうち、明治19年頃のものが確認された。

7 長野県での在籍年を確認するため、国立国会図書館デジタルコレクションの『改正官員録』を見ていく。明治14年2月226コマ【最終確認2017.4.25】のものが最初で、少書記官として「従6位 鳥山重光(東京)」が見られる。同年4月には「従6位 鳥山重光(山口)」と変わっている。「重光」という表記は明治16年2月まで続く。同年4月のものには「重元」、5月に「重信」となる。明治19年8月43コマ【最終確認2017.4.25】の掲載を最後に、長野県での名前が見つからない。明治19年10月21日朝日新聞記事によると、明治19年10月付で内務省県治局次長となっている。
事前調査事項
(Preliminary research)
1865年に伊藤博文の暗殺未遂を起こし、角島へ流罪となっている。長野県の前は、三重県で副知事職をしている。
NDC
日本  (281 8版)
個人伝記  (289 8版)
参考資料
(Reference materials)
長野県/編 , 長野県 , 長野県. 長野県職員録 明治16年2月28日改.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I058963822-00  (【N280.3/5/'83】)
キーワード
(Keywords)
鳥山賢三
鳥山重信
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000215330解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!