このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
県立長野図書館 (2110021)管理番号
(Control number)
県立長野-18-056
事例作成日
(Creation date)
2018年07月27日登録日時
(Registration date)
2018年08月16日 09時51分更新日時
(Last update)
2018年08月23日 10時35分
質問
(Question)
大井朝光の系譜に中条朝清という人物がいるか。
回答
(Answer)
当館所蔵の資料を調査したが確認することができなかった。

『長野県姓氏歴史人物大辞典』 長野県姓氏歴史人物大辞典編纂委員会編 角川書店 1996 【N288/158】 p.865-866の中条・中條(なかじょう・ちゅうじょう)の項目に、「中条(なかじょう)は更埴市(現・千曲市)・佐久市に多い」とあった。大井系列の中条の記述については、『姓氏家系大辞典』からの引用としている。
 
『姓氏家系大辞典 第3巻』 太田亮編 角川書店 1976 【288.1/オア/3】 p.4199-4202の中條(ナカデウ チュウデウ チウデウ)の項目の10に長野県内についての記述があった。ここでは、清和源氏小笠原氏族をあげ、「清和源氏系図」に、朝光(中條太郎)が見られる。同様に「河窪武田系図」にも、朝光(中條九郎)が挙げられている。朝光の子孫に「朝清」は確認できない。
 また、別の系統と思われるが、『伊那武鑑』を引用して伊那郡中條邑の中條氏の記述があった。この記述中にも「朝清」は確認できない。

 なお、「河窪武田系図」【最終確認2018.8.22】は国立国会図書館所蔵の『系図綜覧 第1』国書刊行会編・刊 1915 に所収されているものを、国立国会図書館デジタルコレクション146-149コマ目で、見ることができる。この系図中に、朝光以外に中條姓は確認できなかった。また「朝清」も見つからなかった。

 さらに、伊那地域の中条氏について、前掲の『伊那武鑑』ではないが、当館所蔵の『慶長浅作伊那武鑑根元記』(謄写版)(「文政6年細田幸右ヱ門写本を定本、野溝傳一郎氏所蔵慶応2年写本を参考とした」とある。)のp.13に 「一、 中条笠原中務弟 初代中条左近進信政 応永八年より居住 二代中条新左衛門信度 三代同左馬之助信辰 四代同左近進信平(中条八ツ手領百五十貫文石ニシテ 四百八十六石六斗二升トナル) 天正十年高遠之城ニ籠信忠と戦打死ス 長子八郎民間ニ降ル」という記述があった。
回答プロセス
(Answering process)
1. 『長野県歴史人物大辞典』 神津良子編 郷土出版社 1989 【N283/13】で、大井氏、小笠原氏について調べたが、中条姓および「朝清」の記述は確認できなかった。p.510-511の「中条七郎」にも、朝光を祖とする中条姓や「朝清」についての記述は見られなかった。

2. 『姓氏家系大辞典 第3巻』に引用されていた「清和源氏系図」を確認するため、『清和源氏740氏族系図 第2巻』 千葉琢穂編 展望社 1985 【288.3/チタ/2】を見る。第8章 4大井氏 p.587-592 にかけて、主な人物の紹介と「小笠原―信濃大井氏系図」「甲斐大井氏系図」があったが、系図中には「朝清」の名は確認できない。また、大井七郎小笠原朝光の項に「小笠原初代長清七男。信濃国佐久郡大井郷に住し、大井をもって家号とした。また、甲斐国中条を領し、中条をも家号とした。中条氏祖でもある。はじめ甲斐国大井庄に住したが、のちに信濃国に移った。(後略)」とあった。
 また、中条家長の項では、「右(左)衛門尉、出羽守。寿永三年(一一八四)二月五日甲子、源氏両将(範頼・義経)摂津に到る。一谷合戦の軍勢、相従ふの輩、中条藤次家長他。元暦元年八月八日甲子、範頼、平家追討使として、西海に進発す。扈従の輩一千余騎、中条藤次家長他。元暦二年正月廿六日範頼、豊後に渡る。同時に進み渡るの輩、中条藤次家長等。文治四年(一一八八)三月十五日辛亥、鶴岡大般若経供養、頼朝臨御に供奉す。五年七月十九日丁丑、頼朝の奥州藤原征伐に従う。」とあった。しかし、家長を含む系図は記載されていない。

3. 佐久市周辺は大井氏が本拠とした地域であったため、『佐久市志 歴史編2中世』 佐久市志編纂委員会編 佐久市 1993 【N223/69/3-2】を見る。大井氏にかかわる記述が広範囲に及んでおり、すべてを確認できなかった。主だった項目や系図などの範囲では、中条(なかじょう/ちゅうじょう)姓にかかわる記述、および「朝清」という名前は確認できなかった。巻末の索引でも「朝清」の記載はなかった。
 なお、『佐久市志 歴史編2中世』 の巻末索引で大井氏一族の内、名前に「清」や「朝」の文字を持つものは、「大井貞清」「大井朝光」「大井朝行」「大井政朝」の4名だった。  

4.  『長野県小県郡史』(復刻版)千秋社 1998 (小県郡役所編 小県時報局 1922) 【N221/165】p.301-305に大井氏の記載があり、系図もあったが、「朝清」の名は確認できない。また、中条姓にかかわる記述も確認できなかった。この系図は、正棟まで記載があり、本文中で『信濃細石』から「文禄二年に嗣子なくして家系断絶すといふ」と引用している。

5. 大井氏は小笠原氏から派生しているため、『新編信濃史料叢書第12巻』 信濃史料刊行会編・刊 1975 【N208/43/12】に所収されている「笠系大成」巻3 p.85-115にかけて、小笠原長清からの系図があり、朝光(p.101)には、「長清之七男也、母為妾、小笠原七郎 号大井七郎、領知信濃国佐久郡大井、寛元三年乙巳正月九日、頼嗣将軍弓始也、勤其射手、与山内兵衛三郎番、寛治元年丁未六月五日、党若狭前司泰村之乱、而出奔鎌倉」とのみあり。朝光の子孫である大井氏の記述もあるが、中条(なかじょう/ちゅうじょう)姓にかかわる記述、および「朝清」という名前は確認できなかった。

6. 『信濃史料 索引』 信濃史料刊行会編・刊 【N208/28a/31】の人名で、大井氏、小笠原氏、中条氏を検索したが、「朝清」という名前も確認できなかった。
 また、中条(なかじょう)氏は『信濃史料 第4巻』p.332に、弘安3年5月9日の『勘仲記』からの記述を挙げて、京都新日吉社の流鏑馬の射手に「六番  大井次郎源朝氏  射手 中条又四郎金刺光直」とするこの一名だけだった。
 さらに、『信濃史料』の中にみられる中条(ちゅうじょう)氏は7名。
   中条市兵衛(第14巻 p.421)は、中條之郷代官。
   中条右近、中条六左衛門尉(第30巻 p.75)は、松澤采女とともに慶長5年に真田昌幸についたことで記録が残っている。
   中条喜次郎(第18巻p.60)
   中条新右衛門(第27巻p.209)
   中条藤資(第10巻p.370, 第12巻p.368, 371, 第16巻p.156, 第29巻p.406)
   中条景泰(第14巻p.330)の4名は上杉家の家臣と思われる。
 なお、『信濃史料』【最終確認2018.8.22】は、インターネット上からPDFファイルで見ることができる。ファイルのコマ番号までは確認できなかったが、収載の巻数と当該ページを案内する。


<調査済み資料>
・『長野県北佐久郡志』(復刻版)千秋社 1997 (北佐久郡役所編・刊 1915) 【N222/127】
   p.394-395,419(大井氏の系図)p.393-446(大井氏)
・『信濃中世武家伝』 田中豊茂著 信濃毎日新聞社 2016【215.2/タト】
p.42-62(小笠原氏)p.253-264(大井氏)
・『新編信濃史料叢書第8巻』 信濃史料刊行会編・刊 1974 【N208/43/8】所収の「四隣譚薮(しりんたんそう)」巻4
   p.345-356(大井氏)
・『建武中興を中心としたる信濃勤王史攷 下巻』 信濃教育会編 信濃史学会 1939 【N209.4/23a/2】
   p.1776-1778(「伴野氏・大井氏」の系図)、巻末人名索引
・『源流中世大井氏ものがたり』 大井信 杉並けやき出版 2005 【N288/201】
・『長野県南佐久郡志』(復刻版)千秋社 1997 (南佐久郡役所編・刊 1919) 【N223/90】
   p.767(大井氏系図)p.531-535, 543-545(大井氏)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 8版)
系譜.家史.皇室  (288 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
大井朝光
中条朝清
中条氏
大井氏
先祖
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000240725解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!