このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2013-061
事例作成日
(Creation date)
2013年06月11日登録日時
(Registration date)
2013年11月19日 10時59分更新日時
(Last update)
2014年02月03日 15時55分
質問
(Question)
古澤文亀(ふるさわ ぶんき)の碑文中に名のあった人物で、〈高文鳳〉という人物について知りたい。東条一堂の名と共に記されていた。
回答
(Answer)
詳しい記述のある資料は見あたらなかったが、以下の資料に名前が見られた。

『鴎外歴史文學集 7』(森鴎外著 岩波書店 2000)
 p104 作品「伊沢蘭軒(その129)」中に、〈高文鳳〉の名が見える。
 「五山の詩話に高公嵩(かうこうすう)、高初暹(かうしよせん)、高凡鳥(かうぼんてう)、高俊民(かうしゆんみん)、高聖誕(かうせいたん)、高石居(かうせききよ)、高文鳳(かうぶんほう)があり…」とあり。
 p375 「人名注」に「閨秀詩人。『五山堂詩話』補遺巻四に記事が見える」とあり。

『詞華集日本漢詩 2 日本詩選』(富士川英郎〔ほか〕編 汲古書院 1983)
 p562「五山堂詩話」補遺巻四に、「閨秀又有篠田儀字雲鳳受業於善庵極耽経史詩筆(中略)猶未醒此外詩壇代雄者高文鳳已為女中桓文原采蘋(以下略)」とあり。

『日本漢方典籍辞典』(大修館書店 1999)
 p391 「養生歌」の項、袖珍版に「自序の前に文化五(1808)年の高文鳳序がある。」との記述あり。
回答プロセス
(Answering process)
古澤文亀及び東条一堂から探索する
『熊谷ゆかりの女性先覚者たち 市内の文化財をめぐる15』(熊谷市立図書館美術・郷土係編 熊谷市立図書館 2000)
 古澤文亀についての記述はあるが、碑文及び高文鳳に関する記述なし。

『東条一堂伝』(鴇田恵吉著 東条卯作 1953)
 p32に駒込在住時代の一堂の弟子の名簿として「束脩名簿」を作成したと記述があるが、未所蔵。註によれば、出典は「東條一堂文藁」となっているが、未所蔵。
 p277-357「東門逸材群像(1)(2)」に、著名な門下生182名の紹介があるが、高文鳳の名なし。

号名辞典・人名録で探索する
『書家画家雅号(呼称)索引 上・下』(小笠原長則編 日本地域社会研究所 2000)
 下巻p693 〈文鳳〉号で「高橋」姓の人物あり。典拠は『大日本書画名家大鑑』とあり。
『日本人物情報大系 67(書画編 7) 大日本書画名家大鑑 伝記上編』(芳賀登〔ほか〕編 皓星社 2001)
 p141に、〈文鳳〉こと〈高橋伊助〉の項に「近江の人、嘉永頃」とあり。

『日本人物情報大系 66(書画編 6) 近世女流書道名家史伝』(芳賀登〔ほか〕編 皓星社 2001)
 p527〈高嶋文鳳〉の項あり。「江戸麹町の人、高嶋彌兵衛の女にして文鳳と號し、別に竹田と號す。(以下略)」とあり、安政4年3月没、享年66歳。

漢文関係から探索する
『漢文學者總覽』(長澤孝三編 汲古書院 2011)
 p193〈高〉姓に〈文鳳〉なし。
 索引を〈文鳳〉で引くと、〈高島竹雨〉の掲載あり。
 p266「姓 高島、號 竹雨、名 文鳳、號 竹雨・研精堂、歿年安政4、享年66、師名竹村晦齋、林述齋、備考 江戸ノ詩人(女性)」とあり。

データベース、インターネット情報を探索する
《who plus》(日外アソシエーツ)
 〈高文鳳〉で検索するが、該当なし。

《GoogleBooks》で〈高文鳳〉を検索すると、「森鴎外全集」「日本漢方典籍辞典」の情報が該当あり。( https://www.google.co.jp/#q=%E9%AB%98%E6%96%87%E9%B3%B3&tbm=bks  2013/10/22最終確認)

森鴎外から探索する
『森鴎外全集 5 筑摩全集類聚』(森鴎外著 筑摩書房 1971)
 p165下段 作品「伊沢蘭軒」中に、〈高文鳳〉の名あり。文脈から菊地五山著「五山堂詩話」に書かれていたと思われる。
 伊沢蘭軒は、江戸時代末期の医師、儒学者。
 菊地五山は、江戸時代後期の漢詩人。「五山堂詩話」は、同時代の多くの詩人の作品を紹介・批評したもの。

『鴎外歴史文學集 7』
 前掲

『日本漢方典籍辞典』を確認する
 前掲

「養生歌」を確認する
『近代日本養生論・衛生論集成 別巻 近代日本健康思想の成立』(滝沢利行〔編集〕 大空社 1993)
 p75-76に、多紀安元の「養生歌」についての記述があるが、高文鳳の序文については記述なし。

「五山堂詩話」から探索する
『詞華集日本漢詩 2 日本詩選』
 前掲

『新日本古典文学大系 65 日本詩史』(佐竹昭広〔ほか〕編 岩波書店 1991)
 p224〈林氏文鳳〉の項あり。
 脚注に「1792-1857。采風集・三に「林氏。名、文鳳。号、柳州。女子。江戸人」とあり、七絶三首を収める。うち一首がこの「春晩」。のち高島氏を称した。漢学を竹村悔斎・佐藤一斎に、書を佐野東州に、茶を宇佐美黙斎に学び、終身嫁さなかった。」とあり。

〈女流文人〉から探索する
『近世女流文人伝』(会田範治、原田春乃共編 明治書院 1960)
 p7-8〈高島文鳳〉の項あり。文鳳は、竹雨とも号し、東京麹町の人高島弥兵衛の娘。

『近世女流書道名家史伝 日本人物誌叢書 17』(市川青岳著 日本図書センター 1991)
 p90-91 〈高嶋文鳳〉の項あり。上と同様の内容。

その他調査済み資料
『号・別名辞典 古代・中世・近世 新訂増補』(日外アソシエーツ 2003)
『号・別名辞典 近代・現代 新訂増補』(日外アソシエーツ 2003)
『国史人名大辞典 下』(東京図書出版編 東出版 1997)
『国書人名辞典 1-5』(岩波書店 1993-1999)
『中国学芸大事典』(近藤春雄著 大修館書店 1980)
『中国人名事典 古代から現代まで』(日外アソシエーツ 1993)
『中国人名辞典 上古-近世』(難波常雄〔ほか〕編 日本図書センター 1978)
『近代中国人名辞典』(山田辰雄編 霞山会 1995)
『日本人物情報大系 47 (学芸編 7) 漢学者伝記集成』(芳賀登〔ほか〕編 皓星社 2000)
『和漢詩歌作家辞典』(森忠重著 みづほ出版 1972)
『日本漢文学大事典』(近藤春雄著 明治書院 1985)
『森鴎外 歴史と文学』(明治書院 1978)
『古詩墨場必携』(明石春浦編著 雄山閣出版 1993)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
作品集  (918 9版)
参考資料
(Reference materials)
『鴎外歴史文學集 7』(森鴎外著 岩波書店 2000), ISBN 4-00-092327-7
『詞華集日本漢詩 2 日本詩選』(富士川英郎〔ほか〕編 汲古書院 1983)
『日本漢方典籍辞典』(大修館書店 1999), ISBN 4-469-01262-9
キーワード
(Keywords)
高 文鳳
古澤 文亀(フルサワ ブンキ)
東条 一堂(トウジョウ イツドウ)
菊地 五山(キクチ ゴザン)
漢詩 (日本)
漢方医学
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000140713解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!