このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000051698
提供館
(Library)
兵庫県立図書館 (2110027)管理番号
(Control number)
兵図00076
事例作成日
(Creation date)
2006/4/登録日時
(Registration date)
2009年02月18日 02時10分更新日時
(Last update)
2013年01月21日 17時30分
質問
(Question)
1年間に起きた日本在住のアメリカ軍人が犯した犯罪数と主な罪状とその割合について
回答
(Answer)
①沖縄県における数値は『日米不平等の源流』(琉球新報社・地衣協定取材班 著 高文研 2004.12)p266に
 「沖縄県内の米軍構成員等による犯罪検挙状況(件数)」の表があり、1972年から2003年までの件数が掲載。
 (沖縄県警察本部の資料(各年次とも12月末現在)による。)
②『沖縄の米軍基地 : 平成15年3月』(沖縄県総務部知事公室基地対策室 編集 沖縄県基地対策室 2003.3)
 p53に「米軍人等の公務外の事件・事故」の記述がある。
③全国の数値と思われるものは、かなり古いが、本田稔著「在日米軍基地と犯罪」(『法学セミナー』41巻10号
 (1996.10))p34~36に、1953年10月~1959年12月までの米軍兵による犯罪統計が刑法犯、特別法犯に分けて
 記述されている。(「法務省の調査によると」(p35)と書かれているが、調査名は不明。  
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
軍事施設.軍需品  (395 9版)
参考資料
(Reference materials)
その他当館所蔵の各米軍基地に関した資料を調査したが、統計的な数値の掲載はなし。
キーワード
(Keywords)
犯罪
アメリカ軍人
日本
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000051698解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!