このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2008-143
事例作成日
(Creation date)
2009/02/19登録日時
(Registration date)
2009年05月09日 02時11分更新日時
(Last update)
2009年05月12日 15時30分
質問
(Question)
平安時代の貴族「藤原光隆の後裔藤原経隆は尊願房である」と願生寺の年歴に記載されているが、藤原経隆が出家したという記録が見あたらない。その根拠を知りたい。出典は「大高山願生寺年歴」(妙高市)。
回答
(Answer)
当館の資料では、藤原経隆につながる記述は見つからなかった。新潟県立図書館への照会を案内した。
光隆に該当する記述のあった資料は以下の通り。
『講談社日本人名大辞典』〈藤原光隆〉あり。鎌倉時代の画家の〈藤原経隆〉あり。質問の人物と同一人物かどうかは不明。
『人物レファレンス事典2 古代中世近世』
『国史大系(尊卑文脈)第2編』p48の〈(藤原)光隆〉。
『系図纂要 第4冊』ではp673の「(壬生)光隆」。 
『人物レファレンス事典 郷土人物編 そ-ん』〈藤原光隆〉   
『角川日本姓氏歴史人物大辞典16 富山県』に〈藤原光隆(ふじわらのみつたか)〉あり。
回答プロセス
(Answering process)
『国史大系 別巻2 尊卑分脈索引』では「經隆」の表記。「經隆」で探す。
『尊卑分脈 第1編』 (藤原)經隆は先祖の道隆までに光隆の名なし。
『第2編』p47の(藤原)經隆は良門までに光隆の名なし。p76の(藤原)經隆は高藤までに光隆の名なし。p446の(藤原)經隆は真作までに光隆の名なし。p459の(藤原)經隆(經孝)は貞嗣までに光隆の名なし。

「光隆」から子孫を探す。
『第1編』p288の(藤原)光隆は系図最後。p358の(藤原)光隆は系図最後。
『第2編』p48の(藤原)光隆は子孫に経隆の名なし。兄隆能の孫に経隆の名あり。
『第2編』p300、p311の(藤原)光隆は子孫に経隆の名なし。p534の(藤原)光隆は系図最後。
「尊願房」は索引になし。
『系図纂要 別巻3 法号・称号索引』は尊願房なし。

『系図纂要 別冊2 名諱索引』で(藤原)経隆を探す。
『第2冊』p546の(藤原)經隆は先祖の真作までに光隆の名なし。
『第4冊』p639の(藤原)經隆は先祖の冬嗣までに光隆の名なし。p680の(藤原)經隆は隆能までに光隆の名なし。p796の(藤原)經隆は高藤までに光隆の名なし。光房・隆光の名はあり。『第6冊』p18の(藤原)經隆は隆家までに光隆の名なし。

(藤原)光隆で探す。
『第3冊』p47の(藤原)光隆は後裔の記述なし。
『第4冊』p97の(藤原)光隆は後裔(伊達氏)に経隆の名前なし。p128の(藤原)光隆は後裔(伊達氏)に経隆の名前なし。
『第6冊』p108、p429の(藤原)光隆は後裔の記述なし。

願生寺から探す。
《NDL-OPAC》を検索すると『続真宗大系 18』に越後願生寺御教誡あり。
「大系真宗史料文書記録編 11」「新編真宗大系 別巻 〔第5〕 」は所蔵なし。
《Google》を〈願生寺 & 妙高市〉で検索。《小松短期大学 由谷研究室 北陸宗教文化学会シンポジウム》における記述に平出願生寺 あり。「妙高市新井の願生寺(旧・証念寺)ほか。願生寺は、北信濃を経て今の東本願寺新井別院の地にあった大寺院だが、17世紀後半に後述する高田の浄興寺と教義問題で論争となり(いわゆる小児往生問題)、異安心とされ廃寺となった。東本願寺は、その跡地に新井別院を築いた。追放された住持・栄誉ゆかりの証念寺がのち新井南郊外に移転し、1950年に願生寺の寺号が復活。[住職家は井上姓でなし]」とあり。
http://www2.komatsu-c.ac.jp/~yositani/2007isobe.htm  2009/02/19最終確認)

『日本名刹大事典』に願生寺あり。「新潟県新井市除戸。真宗大谷派、大高山。本尊は阿弥陀如来。開山は親鸞。開基は尊願坊。寺伝によれば、開基尊願坊は建久6年(1195)法然の教化を受けて仏門に入ったが、のち健保2年(1214)親鸞に帰依して下総国下河辺庄に一宇を建立。のち応仁2年(1468)信濃国水内郡平出村に移り、九世英賢の天正年間(1573-91)上杉氏に招かれて新井に移転した。」
この人が調査対象の藤原経隆=尊願房(坊)だとすると、活躍年代は1200年前後(鎌倉時代(1192-)初期となる。

『講談社日本人名大辞典』〈藤原光隆〉あり。平安後期~鎌倉時代の公卿。大治2年生まれ。父は藤原道隆。〈土佐経隆〉への参照として、〈藤原経隆〉あり。鎌倉時代の画家。
『人物レファレンス事典2 古代中世近世』〈藤原光隆〉あり。大治2年」(1127)~* 平安時代後期~鎌倉時代前期の公卿。
これにより、『国史大系 (尊卑文脈)第2編』p48の(藤原)光隆」に該当する。
経隆がこの人の後裔なら孫にあたるかと思われる。孫に慈隆(律師)、隆尊の名あり。

『系図纂要』には上の名前には該当がなかったので再調査する。
『系図纂要 第4冊』p673の「(壬生)光隆」に該当する。後裔に経隆の名前なし。ただし孫に慈隆(山、律師)、隆尊の名あり。
『人物レファレンス事典 郷土人物編 そ-ん』に〈藤原光隆〉あり。「平安時代後期・鎌倉時代前期の公卿(権中納言)。左大臣藤原冬嗣、中納言藤原兼輔の裔。1127-1201」とあり。〈藤原経隆〉はなし。
『角川日本姓氏歴史人物大辞典 16 富山県』に〈藤原光隆(ふじわらのみつたか)〉あり。「家号は壬生。文治元年に越中国の知行国主に推挙。建久三年に太宰権帥に任じられ、同九年出家。」とあり。出家先については触れられていない。また〈藤原家隆(ふじわらいえたか)〉あり。「壬生中納言光隆の子。(中略)喜禎二年出家し仏性と称し」とあり。出家先については触れられていない。
『富山大百科事典 下』に〈藤原家隆〉あり。生没年1158-1237。出家については触れられていない。〈光隆〉に関しても出家については触れられていない。

新潟県妙高市新井について調査する。 
『角川日本地名大辞典 15 新潟県』〈新井〉に「天正年間上杉氏の招きで信濃から新井へ移った願生寺は、浄興寺との間の異安心事件で…」の記述あり。
『新潟県史 史料編24 民俗・文化財3』 神仏等の通史だが記述は見あたらず。
新潟県立図書館へ照会依頼をする。
事前調査事項
(Preliminary research)
質問者調査事項:①藤原経隆は養和元年(1181)に土佐守に任命され、その後土佐経隆として宮廷絵巻物の制作者として活躍、「西行物語絵巻 (日本の絵巻19)」の作者として紹介されている。②「尊顔房」については、「法然上人絵伝31」に登場する「津戸三郎為守」が尊願房と呼ばれてるのでそれとの関連も調査中。

質問者への確認事項:「日本名刹大事典」にある、「尊願坊」は該当の「尊願房」。出典の「大高山願生寺年歴」は願生寺で直接入手したもの。
NDC
個人伝記  (289 9版)
北陸地方  (214 9版)
寺院.僧職  (185 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
藤原 経隆(フジワラ ツネタカ)
尊願坊(ソンガンボウ)
人物-平安時代
寺院-願生寺(ガンショウジ)-妙高市-新潟県 
僧侶
新潟県-歴史
照会先
(Institution or person inquired for advice)
新潟県立図書館
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000054578解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!