このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼川-2000-038
事例作成日
(Creation date)
2000/09/13登録日時
(Registration date)
2005年02月11日 02時26分更新日時
(Last update)
2009年09月23日 13時15分
質問
(Question)
次の漢詩について、①作者はどのような人か、②漢詩の読み方とその意味について知りたい。「脱青紅■十丈堆 移家欠朝適吾情 独小旧朝忌不満 又携露酒入城来」。作者「頼醇」となっている。屏風に書かれていたらしい。
回答
(Answer)
〈頼醇〉は〈頼三樹三郎〉(ライミキサブロウ)とわかる。①は『頼三樹三郎』を提供する。②質問の漢詩については記述が見あたらなかった。
回答プロセス
(Answering process)
『日本史大事典』より、〈頼醇〉は〈頼三樹三郎〉(ライミキサブロウ)とわかる。
『彩-BISC』を〈頼三樹三郎〉で検索し、所蔵の『頼三樹三郎』『頼三樹詩集』をあたる。
①については『頼三樹三郎』を提供する。
質問の漢詩は記載なし。
国会図書館に調査を依頼する。
「一日百韻百詩」「北■遺珠」(いずれも頼三樹三郎著)、「頼三樹傳」「安政三十ニ家絶句」「修補 殉難録稿」「維新志士金脳詩歌評釈」「先賢遺芳 維新志士遺墨集」にあたるが該当なしとの回答をいただく。
以上の調査経過を連絡し、調査を打ち切る。

追記:《WHOPLUS》を〈頼三樹三郎〉で検索すると「儒学者・志士」とあり、回答の書誌を含め人物文献が4件ヒットする。新しい記事は以下のものがあり。
「平安の経文 江差で発見 幕末の儒学者・頼三樹三郎寄贈-中尊寺ゆかり 病気治療の礼」(『北海道新聞 2007.1.11 夕 p12』)(2009/09/21確認)。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
日本思想  (121 9版)
詩歌  (911 9版)
参考資料
(Reference materials)
『頼三樹三郎』(安藤英男 新人物往来社 1974)
キーワード
(Keywords)
頼 三樹三郎(ライ ミキサブロウ)
漢詩-日本
日本儒学
照会先
(Institution or person inquired for advice)
国立国会図書館
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000016142解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!