このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
高知県立図書館・高知市民図書館本館 (2110040)管理番号
(Control number)
県立K2010-121
事例作成日
(Creation date)
2010年7月21日登録日時
(Registration date)
2010年11月30日 16時39分更新日時
(Last update)
2018年08月31日 17時48分
質問
(Question)
土佐山内家の6代当主山内豊隆について、実兄豊房から山内家の家督を相続する前は幕府旗本鳥居家の養子となっていたというが、養父は誰か。
回答
(Answer)
※ 高知県立図書館・高知市民図書館合築に伴い、資料に関する情報が現在の情報とは異なる場合があります。 ※

お問い合わせの件ですが、山内豊隆の養父名を明記している資料は見つかりませんでした。

 『南路志』7巻に「鳥居家之事」という項があり、それによると豊隆の母の兄・鳥居左京亮忠則が寛文3(1663)年に父の遺領相続、元禄2(1689)年卒去、同年遺領3万2000石被召上、嫡男播磨守忠親に1万石被下とあります。豊隆が延宝元(1673)年出生、宝永3(1706)年に第6藩主になっているので、時代から考えると鳥居左京亮忠則もしくはその嫡男播磨守忠親と思われますが、明記されたものはありません。
 『皆山集』3巻の歴代藩主の豊隆の項、『豊隆公紀』にも養父の記載はありませんでした。『豊昌公紀』に豊隆誕生の記事はありましたが、養父についての記載はありませんでした。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
『寛政重修諸家譜』の鳥居家の項を一通り参照したが、養父の記載はなかった。
『土佐國群書類從 巻3 系譜部』の「解説 土佐藩の家老家について」で母の実家旗本の鳥居家を継いでいたとある。
『高知県歴史辞典』の山内氏略系図にも鳥居氏の養子となった旨の記載がある。
NDC
日本史  (21)
伝記  (28)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
山内豊隆
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000074598解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!