このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000064700
提供館
(Library)
三重県立図書館 (2110033)管理番号
(Control number)
9000000509
事例作成日
(Creation date)
20070412登録日時
(Registration date)
2010年03月30日 02時02分更新日時
(Last update)
2010年03月30日 02時02分
質問
(Question)
頭之宮四方神社に祭られている唐橋中将光盛卿  頭之宮四方神社に聞いたところ、唐橋中将光盛卿という人物がいるらしいが、このひとの伝記、どのような人物かがわかる資料を見たい。 戦国時代の武将と聞いたが、時代は確かではない。 
回答
(Answer)
『三重県神社史』『大内山村史』『名古屋起点~』の頭之宮四方神社の解説の中で「唐橋中将光盛」の名前が出てくる、それ以外の資料で登場なし。 頭之宮四方神社が1191年に創立なので、この時代以前で「光盛」という名の人物を調べたところ、平安末期に「平光盛」「源光盛」「藤原光盛」の3名が見つかった。 「平光盛」は1191年以降も生存しており、伝説に当てはまりません。 「源光盛」だが、『名古屋起点~』やWebでは「唐橋中将光盛」が桓武天皇の子孫とされていることから、清和源氏である「源光盛」は当てはまらない。 「藤原光盛」(生没年不明)は、1140年代に実在した人物で『本朝世紀(ほんちょうせいき)』によると和泉守を務めている。 Web「公卿類別譜」では「藤原光盛」が唐橋家の女性と関連があるようで、時代的にも合うが、和泉守光盛との関連は不明。 
回答プロセス
(Answering process)
頭之宮四方神社の場所を確認するためWebで調べたところ、唐橋中将光盛が祭られていることが分った。 書籍を調べても同様のことが書かれていた。 大内山史を調べたがそれ以上のことは分らず。大内山村以前の志摩国時代の市史を見たが発見できず。 人名事典などを当ったが該当無し。 苗字が変わっている可能性があるため「光盛」という名前をWebで調べたところ、回答の通りヒットした。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
和歌文学大系 34,国史大系 第9巻,名古屋起点!神社・仏閣ガイド ,三重県神社誌 ,大内山村史 文化編
キーワード
(Keywords)
神社-三重県
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000064700解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!