このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼川-1998-114
事例作成日
(Creation date)
1998/12/15登録日時
(Registration date)
2005年02月11日 02時24分更新日時
(Last update)
2009年12月06日 10時45分
質問
(Question)
「ヨウレンキンカンセンゴハンノウセイカンセツエン」について知りたい。医学用語で、「ヨウレンキン カンセンゴ ハンノウセイ カンセツエン」と区切るらしい。
回答
(Answer)
「溶連菌感染後反応性関節炎」か。県立所蔵資料や『国立国会図書館雑誌記事索引』では確認できなかった。
回答プロセス
(Answering process)
職員所蔵の「溶血性連鎖球菌感染症」についての資料から、質問の〈ヨウレンキン〉は〈溶連菌〉らしいとわかる。
〈(溶血)連鎖球菌〉をキーワードに『医科学大事典』『感染対策ハンドブック』『感染症学』にあたるとそれぞれ解説があったが、質問者はあくまでも〈ヨウレンキンカンセンゴハンノウセイカンセツエン(溶連菌感染後反応性関節炎か)〉について知りたいとのこと。
県立所蔵のNDC分類〈493〉の資料や『国立国会図書館雑誌記事索引』では確認できなかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
内科学  (493 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
感染症
溶連菌-菌
関節炎
溶連菌感染後反応性関節炎
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
レファ協企画協力員よりコメントをいただく(2006/10/11)。以下、提供情報の本文。

事例をありがとうございました。感想です。
“溶連菌感染後反応性関節炎”そのままを医中誌WEB(医中誌刊行会)の1983年以降のデータで検索したところ、1998年以降11件がヒットしました。この11件に付与されたシソーラス用語から、“関節炎-反応性”と“ Streptococcus Infection”の掛け合わせで検索し直したところ、1997年以降24件がヒットしました(1997年の文献では“溶レン菌感染後反応性関節炎”の表記です)。この状況ですので、質問受付当時ではやはり難しかったのだろうと思いました。
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000015968解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!