このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000251955
提供館
(Library)
関西大学図書館 (3310026)管理番号
(Control number)
関大総図 18A-32J
事例作成日
(Creation date)
2018/9/19登録日時
(Registration date)
2019年02月21日 12時21分更新日時
(Last update)
2019年10月16日 16時20分
質問
(Question)
William Grill “Shackleton's Journey” に記載の、
"I believe it is in our nature to explore,to reach out into the unknown.
The only true failure would be to not explore at all."
「探検しようとすること、未知なるものを知ろうとすることは、人間の本性にあると信じています。
唯一の失敗とは、探検しないということです」-------アーネスト・シャックルトン

このセリフは、どこの文献に掲載されているものか(典拠)、
どういう状況で、いつ言ったものか知りたい。
回答
(Answer)
可能な範囲で伝記や各種資料を確認しましたが、掲載がありませんでした。

①イギリスのTVドラマ『Shackleton』内のセリフに同じものがありました。
 このドラマ内では、1909年に南極点到達を目指した冒険の失敗ののち、
 1914年エンデュアランス号出発までの間の、スポンサー探しの講演(のような)場面での発言でした。
 ただし同じく典拠が確認できていないため、ご参考までにお伝えしました。
 なおこのドラマはDVDとして発売されております。
  https://www.imdb.com/title/tt0272839/characters/nm0000110  【最終アクセス2019/03/07】

②Google Booksで確認できた資料に、上記記述が名言として引用されていましたが、
 「in recent biographical film」とのことなので、おそらく同TVドラマかと思われます。
 The Myth of Happiness: Discovering a Joy You Never Thought Possible / Rich Wagner

【確認済み資料】
<当館所蔵なし、ただしインターネットアーカイブにて公開あり>
・The heart of the Antarctic : being the story of the British Antarctic expedition 1907-1909
 /E.H. Shackleton W. Heinemann, 1909(v. 1v. 2) 【本人著作】
v.1: https://archive.org/details/heartAntarcticIShac  【最終アクセス2019/03/07】
v.2: https://archive.org/details/heartofantarctic02shac  【最終アクセス2019/03/07】

・The life of Sir Ernest Shackleton / Hugh Robert Mill William Heinemann, 1923【伝記】
https://archive.org/details/lifeofsirernests00milluoft  【最終アクセス2019/03/07】

<当館所蔵資料>
・エンデュアランス号漂流記 / アーネスト・シャクルトン著 ; 木村義昌, 谷口善也訳. -- 中央公論新社,
 2003. -- (中公文庫).【原タイトル:South】
・南へ : エンデュアランス号漂流 / アーネスト・シャクルトン著 ; 奥田祐士, 森平慶司共訳. -- ソニー・マガジンズ,
 1999.【原タイトル:South】
・世界探検家事典 2: 19・20世紀 / ダニエル・B・ベイカー編 ; 藤野幸雄編訳 ;. -- 日外アソシエーツ, 1997
・南極物語 / ド・ラ・クロワ著;近藤等訳. -- 新潮社, 1958. -- (人と自然叢書).
・極地探検物語 / A・トマジ著 ; 近藤等訳. -- 白水社, 1954. -- (文庫クセジュ ; 128).

<近隣図書館所蔵資料>
・シャクルトンの大漂流 / ウィリアム・グリル作 ; 千葉茂樹訳 岩波書店, 2016.10. 【原タイトル:Shackleton's journey】
・シャクルトンに消された男たち / ケリー・テイラー=ルイス著 文藝春秋, 2007.8【原タイトル: The lost men】
・そして、奇跡は起こった! シャクルトン隊全員生還 / ジェニファー・アームストロング著 評論社,2000.9
 【原タイトル: Shipwreck at the bottom of the world : the extraordinary true story of Shackleton and the Endurance】
・極地を探検した人々 / 村山 雅美著 さえら書房, 1978
・シャクルトン : 史上最強のリーダー / マーゴ・モレル著 -- PHP研究所 -- 2001.8
 【原タイトル: Shackleton's way】


【未確認資料】
Shackleton / Margery and James Fisher ; drawings by W.E. How  Barrie, 1957【伝記】 
BA53550932 国立極地研究所 情報図書室、北海道大学
※国立極地研究所(東京都立川市)には極地探検、シャクルトンに関する資料が多数所蔵されているようです。
回答プロセス
(Answering process)
(「回答」に記載)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289)
オセアニア.両極地方  (297)
参考資料
(Reference materials)
アーネスト・シャクルトン著 ; 木村義昌, 谷口善也訳. エンデュアランス号漂流記. 中央公論新社, 2003., ISBN 4122042259 (当館請求記号 B*297.9*シ, 当館資料番号 150015879)
アーネスト・シャクルトン著 ; 奥田祐士, 森平慶司共訳. 南へ : エンデュアランス号漂流. ソニー・マガジンズ, 1999., ISBN 4789713482 (当館請求記号 A*297.9*シ, 当館資料番号 240131339)
ダニエル・B・ベイカー編 ; 藤野幸雄編訳. 世界探検家事典 2: 19・20世紀. 日外アソシエーツ, 1997., ISBN 4816913912 (当館請求記号 N8R*290.9*1*2, 当館資料番号 206752067)
ド・ラ・クロワ著;近藤等訳. 南極物語. 新潮社, 1958. (当館請求記号 *298*L2*1, 当館資料番号 001756567)
A・トマジ著 ; 近藤等訳. 極地探検物語. 白水社, 1954. (当館請求記号 *298*T2*1, 当館資料番号 001026011)
キーワード
(Keywords)
Shackleton, Ernest Henry, Sir
シャックルトン
シャクルトン
南極
探検
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
名誉教授
登録番号
(Registration number)
1000251955解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!