このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000017396
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2002-022
事例作成日
(Creation date)
2002/07/12登録日時
(Registration date)
2005年02月11日 02時38分更新日時
(Last update)
2007年09月02日 14時56分
質問
(Question)
カサブランカ会談(モロッコ 1943年)の内容文を探している。
回答
(Answer)
『現代国際政治の基本文書』には、会議についてのルーズベルト・チャーチル共同記者会見の原文が掲載されているが、内容文についてはわからなかった。 
回答プロセス
(Answering process)
〈カサブランカ会談〉は、1943年1月14-24日、フランス領モロッコのカサブランカで行われたアメリカ合衆国大統領ルーズヴェルトとイギリス首相チャーチルの会談。『世界歴史事典 2』(平凡社)によると、「その具体的内容は公表されなかった…」とある。同事典は昭和30年代刊行なので、その後公表された可能性はあるが、確認できなかった。
『現代国際政治の基本文書』には、会議についてのルーズベルト・チャーチル共同記者会見の原文が掲載されているが、内容文については記載なし。 

追記:『大国の陰謀』(W.H.マクニール 図書出版社 1982)p130-146に、〈カサブランカ会談〉について記述あり。「この会談の詳細は1952年まで発表されていない。だが、おもな決定事項はわかっており、妥協点も大体のことは明らかにされている」(p134)とした上で、随所に声明を引用して解説している。なお、同書p504-505には「カサブランカ声明のもたらした悲劇」も収載されている。

備考欄コメントにしたがい『無条件降伏は戦争をどう変えたか』(吉田一彦 PHP研究所 2005)の県立所蔵を確認する。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
世界史.文化史  (209 9版)
外交.国際問題  (319 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
世界大戦(第二次)
外交政策-カサブランカ会談
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
近畿大学中央図書館よりコメントをいただく(2006/08/04)。以下、Web・文献情報の本文。

カサブランカ会談に関する文書を含む「アメリカ国務省外交文書」である、
Foreign relations of the United States. The Conferences at Washington, 1941-1942, and Casablanca, 1943 は、下記の University of Wisconsin Digital Collections において現在公開されています。
http://digital.library.wisc.edu/1711.dl/FRUS.FRUS1941-43  (2006/08/04確認)
http://digicoll.library.wisc.edu/FRUS/  (2006/08/04確認)
また、下記のサイト SYMBOL でカサブランカ会談に関する各種情報を入手することができます。
(「SYMBOL」は、カサブランカ会談の秘匿名とのことです。)
SYMBOL: The Casablanca Conference  http://casablancaconference.com/  (2006/08/04確認)
下記文献の第一章「発端、それはカサブランカ会談」にも関連する記述が収録されています。
『無条件降伏は戦争をどう変えたか』 吉田一彦著 PHP研究所 2005.1 (PHP新書 327)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000017396解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!