このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000148689
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2013-093
事例作成日
(Creation date)
2013年08月02日登録日時
(Registration date)
2014年01月30日 16時49分更新日時
(Last update)
2014年05月30日 16時27分
質問
(Question)
「古事類苑」に記載されている古代の神職「拍手長」の読み方と仕事内容(何をしていた人か)を知りたい。
回答
(Answer)
該当する資料は見つからなかった。また、職名を「「拍(レ)手長」とする資料があった。
備考欄に追記あり。(2014年5月13日)
回答プロセス
(Answering process)
1 典拠を確認する。
『古事類苑 6 神祇部2』(神宮司庁編 吉川弘文館 1967)
 p1522にあり。

2 以下の参考図書類を〈ハクシュ〉〈カシワデ〉で調べるが、該当はない。
『広辞苑 第5版』(新村出編 岩波書店 1998)
『神道大辞典』(下中弥三郎編 臨川書店 1980)
『国史大辞典』(吉川弘文館 1979-1997)
『日本国語大辞典』(小学館 2000-2002)
『日本大百科全書』(小学館 1984-1997)
『廣文庫』(名著普及会 1986)
『増補大神宮叢書 5・6』(神宮司廳編 吉川弘文館 2006)
『“神職”の立場』(谷省吾著 皇学館大学出版部 1979)
 
3 『古事類苑』に記載されている出典資料を調べる。 
『神道大系 神宮編 2 神宮雑例集 皇代記付年代記 皇太神宮年中行事小朝熊社神鏡沙汰文』(神道大系編纂会 1980)
 p117「晦日、離宮院雑■[セキ](肉月に昔)代米下行事。拍手長請之。」とあり。振り仮名なし。
 ただし、前掲『古事類苑 6 神祇部2』には記載されていない返り点・送り仮名があり、「拍(レ)手長請ク(レ)之ヲ」と表記されている。

4 インターネット情報・オンラインデータベースを調べる。
《リサーチ・ナビ》を〈拍手長〉で検索、該当なし。( http://rnavi.ndl.go.jp/rnavi/  国会図 2013/8/1最終確認)
《MAGAZINE PLUS》を〈拍手長〉で検索、該当なし。(日外アソシエーツ 2013/8/1最終確認)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
神社.神職  (175 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
神職
拍手長
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
追記
情報提供により、以下の資料に読み方の記載があることが分かった。
 
「神道入門 日本人にとって神とは何か(平凡社新書)」(井上順考著 平凡社 2006)
 p110「(『古事類苑』の)「神祗部四十五」には神職の説明とその名称のリストがある。(中略)そして、次の三十二の名称が並べてある。」として、その一つに「拍手長(かしわでのおさ)」との振り仮名あり。仕事内容は記述なし。
 
また、『群書類従 1 訂正3版』(塙保己一編 続群書類従完成会 1987)に収録されている、出典の「神宮雑例集 巻第二」の当該部分には返り点(レ点)なし。
 p183「拍手長請之。」
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000148689解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!