このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
伊丹市立図書館 本館「ことば蔵」 (2300062)管理番号
(Control number)
1152
事例作成日
(Creation date)
2017年07月25日登録日時
(Registration date)
2017年07月25日 18時17分更新日時
(Last update)
2020年10月16日 09時48分
質問
(Question)
『東海道中膝栗毛』で、宿の者が「おはようございます」と声をかける場面があるが、実際にこの時代で「おはよう」という挨拶が使われていたのか。
※依頼者の記憶では、朝の挨拶に「おはよう」を使うことになったのは明治の時代からだ、とのこと
回答
(Answer)
使われていた。

・『暮らしのことば新語源辞典』山口佳紀/編 講談社 2008年(156772273 R/813.6/K)
  ※江戸時代では「これはお早う」など、相手が早く出てきたことに対する挨拶として使われていた
  ものが、やがて朝早く会ったときに使うようになり、さらに朝の挨拶言葉となっていったとある。

・『江戸語大辞典』前田勇/編 講談社 2003年(154941222 R/818.3/E)
  ※「おはよう」の項目に、例として寛政年の洒落本『孔雀染勤記』から「おいらん、おはやう」を
  あげている。また、「─御座います」の項目で、例として『東海道中膝栗毛』から宿屋の女房の台詞
  「おはようございます」をあげている。

・『日本国語大辞典 第2巻 第2版 いろさ-おもは』
  小学館国語辞典編集部/編集 小学館 2001年(154241139 R/813.1/N2)
  ※「おはよう」の項目も『江戸語大辞典』と同じく、『東海道中膝栗毛』をあげている。

以上のことから、江戸(東海道中膝栗毛の)時代には、「おはよう」という朝の挨拶が使われていたと判断した。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
辞典  (813 8版)
方言.訛語  (818 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000219264解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!