このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
富山市立図書館 (2310013)管理番号
(Control number)
2011-4
事例作成日
(Creation date)
2011年10月26日登録日時
(Registration date)
2011年10月26日 17時43分更新日時
(Last update)
2011年10月26日 17時52分
質問
(Question)
とある講演で講師が板書していた、富山県の方言【出戸】(でと)という言葉の意味を知りたい。
回答
(Answer)
『日本のまんなか富山弁』の【出処】(デト)の項目に「出たところ。出口」とあった。

『日本方言大辞典』、『日本国語大辞典』の【出所・出処】(でと)の項目に、富山県砺波の方言として「家や屋敷から出た所」とあり、いずれも【出戸】ではなく、【出所・出処】の字を当てていた。
回答プロセス
(Answering process)
①富山県の方言に関する図書(参考資料①~⑦)を調査すると、『日本のまんなか富山弁』に【出処】(デト)の項目があり、「出たところ。出口」と書かれていた。

②『日本方言大辞典』にも【出所・出処】(でと)の項目があり、富山県砺波の方言として「家や屋敷から出た所」と書かれている。

③『日本国語大辞典』にも②と同様の記述があった。

④いずれも【出戸】という字ではなく、【出所】もしくは【出処】となっていた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
辞典  (813 9版)
参考資料
(Reference materials)
①『日本のまんなか富山弁』(北日本新聞社 2001)
②『とやま弁にしひがし』(北日本新聞社 1975)
③『おらっちゃらっちゃの富山弁』(北日本新聞社 1992)
④『富山県のことば』(明治書院 1998)
⑤『最古の富山県方言集』(桂書房 2009)
⑥『とやま弁大語解』(シーエーピー 1989)
⑦『富山語録辞』(シーエーピー 1992)
⑧『日本方言大辞典』(小学館)
⑨『日本国語大辞典』(小学館)
キーワード
(Keywords)
富山
方言
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000093644解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!