このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
安城市図書情報館 (2310061)管理番号
(Control number)
1823
事例作成日
(Creation date)
2019/10/6登録日時
(Registration date)
2019年11月09日 11時54分更新日時
(Last update)
2019年12月20日 08時47分
質問
(Question)
自宅で所持している「花降拾両」という昔の貨幣について、歴史的位置付けや価値、その他の詳細を知りたい。
回答
(Answer)
・『日本国語大辞典』(第二版)第十巻(813.1/ニホ/10) p.1308
・『国史大辞典3 か』(210.0/コ)p.150
・『国史大辞典11 ニタ~ヒ』(210.0/コク)p.644
・『日本の貨幣1 現代・古代・中世』(337.2/ニホ/B)p.318~319
・『古銭と紙幣 収集と鑑賞』(337.2/ヤ)p.138~p.139
回答プロセス
(Answering process)
あらかじめ質問者より「花降拾両」について①加賀藩のものである②サイズ11㎝×9㎝くらいの寸法との情報提供あり。

 インターネット検索で「花降拾両」と検索→「花降銀」というものの1種として「花降拾両」(他に「花降一両」や「花降百目」がある)と分かる。

1.『日本国語大辞典』(第二版)第十巻 p.1308に「花降銀」の項目を発見。
 ・「花降り」とは、純良な銀のことをいう事から「花降銀」も同意味を示す。
 ・~諸大名が私造した銀貨。また、一説に金沢藩の前田利長の時代に鋳造された銀貨。
  銀の面に星型が連なり表に「花降り」の文字。
 ・25銭銀貨の俗称。


2.『国史大辞典3 か』p.150に、「加賀藩金銀」の項目あり。その中の銀貨の様々な刻印の型のうち表に「花降」裏に「拾両」と記したものがあったとの記述がある。

3.『国史大辞典11 ニタ~ヒ』p.644に「花降銀」の項目あり。

4.『日本の貨幣1 原始・古代・中世』p318~319にも「加賀花降銀」についての記述はあるが、「花降拾両」についての記述はない。

5.『古銭と紙幣 収集と鑑賞』p381に「加賀藩の貨幣」という見出しがあり、P138~139に「花降拾両」の写真と共に記述あり。
 同資料の巻末付録p450に価格一覧表あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
辞典  (813)
日本史  (210)
貨弊.通貨  (337)
参考資料
(Reference materials)
日本国語大辞典第二版編集委員会, 小学館国語辞典編集部 編 , 小学館. 日本国語大辞典 第10巻 第2版. 小学館, 2001.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000003057074-00 , ISBN 4095210109
国史大辞典 か. 吉川弘文館, 1983.
国史大辞典編集委員会 編. 国史大辞典 第11巻 (にたーひ). 吉川弘文館, 1990.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002077223-00 , ISBN 4642005110
図録日本の貨幣 1 原始・古代・中世. 東洋経済新報社, 1973.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I013636417-00
矢部倉吉著 , 矢部, 倉吉. 古銭と紙幣 : 収集と鑑賞 : 無文銀銭から現行貨幣まで 改訂新版. 金園社, 2004.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000096-I007023288-00 , ISBN 4321246075
キーワード
(Keywords)
一般書
貨幣
古銭
価値
価格
日本
花降拾両
歴史
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000264934解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!