このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000136491
提供館
(Library)
牛久市立中央図書館 (2310059)管理番号
(Control number)
牛久-1051
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2013年08月30日 19時59分更新日時
(Last update)
2013年08月30日 20時12分
質問
(Question)
落語の小道具に扇子が使われ、色々なものに見立てられるが、箸として使う時は
扇子を閉じたまま使うのか、少し開いて使うのか知りたい。
回答
(Answer)
『落語ハンドブック』(山本 進/三省堂/2007)のp28の
“扇子は、キセルに見立てることがもっとも多いが、そのほか箸・筆・杖・刀、四分の一ほど開いて徳利とか算盤に、
 また全部開いて手紙や大きな盃にみせたりする。”という記述から、
箸として使う時は、閉じたままであることがわかる。
回答プロセス
(Answering process)

自館の落語関係の棚(NDC:779)の資料をあたる。
→・『現代落語事典』(古典芸能研究会/光風社出版/1988)
  p89【扇子】に、小道具として使用されること、キセルや箸などに見立てて使われることの記述はあるが、
  使い方に関する記述はなし。

 ・『落語ハンドブック』』(山本 進/三省堂/2007)のp28に“落語の小道具”という小見出しがあり、
  “扇子は、キセルに見立てることがもっとも多いが、そのほか箸・筆・杖・刀、四分の一ほど開いて徳利とか算盤に、
   また全部開いて手紙や大きな盃にみせたりする。”という記述がある。

上記の記述から、箸として使う時は、閉じたままであることがわかる。

事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
大衆演芸  (779 8版)
参考資料
(Reference materials)
古典芸能研究会 編. 現代落語事典 新版. 光風社出版, 1988. (光風社選書)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001928193-00 , ISBN 4875190123
山本進 編. 落語ハンドブック 第3版. 三省堂, 2007.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000009178536-00 , ISBN 9784385410586
キーワード
(Keywords)
落語
小道具
扇子
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
芸術
質問者区分
(Category of questioner)
一般男性
登録番号
(Registration number)
1000136491解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!