このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
横浜市中央図書館 (2210008)管理番号
(Control number)
横浜市中央1446
事例作成日
(Creation date)
2011/01/23登録日時
(Registration date)
2011年08月19日 02時00分更新日時
(Last update)
2011年08月19日 16時01分
質問
(Question)
「案内」という言葉は 中世では「あない」と表記されていた。
その変化を解説しているようなものはないか。
回答
(Answer)
以下のとおり、回答いたします。

1 『語源の辞典』北嶋廣敏/著 日本実業出版社 1995年
  p.26に「案内」の項目がありますが、表記についての記述がありません。

2 『日本国語大辞典』小学館
  p.1386「ん」の項目に
    現代の「ん」にあたるような撥音は、実際の発音では古くからあったと考えることができるが、
    上代の確証はありません。
    (中略)
    いろは四十七字にあたるかなのほかに「ん」にあたる記号が用いられるようになったのは、
    平安時代末期ごろからで、・・・
  とあります。

3 『日本大百科全書』小学館
  p.847「ん」の項目
    撥音は促音(詰める音)などと同様に、音韻論的単位として古くから独立していたとはいえず、
    (中略)
    表記されなかったりで、さまざまであった。
    これが中央語で一音韻として確立するのは、平安時代からその萌芽はあったとはいうものの、
    室町時代も末のことである。

4 『日本語の文法 古典編』 大野晋/著 角川書店 1988年
  p.130から
  「あなり」「あんなり」について解説しています。

  「あなり あんなり とあるということは、
  arinari→aranari→annari という変化が起こった結果、そのannariを表記するにあたって、
  撥音便のンを必ず表記するという習慣が確立していなかったために、
  あなりと書いたもので、実際には「あンなり」と発音していたもの、つまり、終止形「あり」と「なり」との
  間に生じ撥音便の表記がゼロの形であると推定すべきものです。」
  (原文より引用)

5 『古代日本語の姿』馬淵和夫/著 武蔵野書院 1999年
  -m、-n、-ngについて書かれています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
文法.語法  (815 8版)
日本語  (031 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000090214解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!