このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
中央-1-0021441
事例作成日
(Creation date)
2020年9月26日登録日時
(Registration date)
2021年01月05日 14時36分更新日時
(Last update)
2021年02月15日 15時54分
質問
(Question)
日本の出版物のサイズには本の内容(種類)により、文庫、新書、単行本、A5版、B5版、A4版、B4版、AB版、三五版、ブランケット版等があるが、海外の出版物のサイズかわかる本、または情報があれば教えてほしい。
回答
(Answer)
以下の本と、インターネットから閲覧できる以下の論文を紹介した。

(1)『図書館情報学基礎資料 第3版』今まど子/編著 小山憲司/編著 樹村房 2020年
(2)『洋書の話 第2版』高野彰/著 朗文堂 2014年
(3)『ALA図書館情報学辞典』Heartsill Young/[編] 丸山昭二郎/[ほか]監訳 丸善 1988年

「紙類の規格制定の発端とその経緯(1)」米谷 稔
(「紙パ技協誌」1978年 32 巻 9 号 495-503 紙パルプ技術協会)
回答プロセス
(Answering process)
(1)『図書館情報学基礎資料 第3版』今まど子/編著 小山憲司/編著 樹村房 2020年
図書館情報学を学ぶ人に向け、関係法令、基本用語解説などを収録した本である。
p134「洋書の大きさと名称」の項目に、「アメリカで標準とされている大きさ」と「イギリスの用紙の種類と大きさ」が表形式で紹介されており、名称(例)や用紙名(例)、高さや全紙の大きさなどが記載されている。

(2)『洋書の話 第2版』高野彰/著 朗文堂 2014年
16~18世紀の本の特徴について書かれた本。
「2章 本の隠れた特徴」に、判型・折り畳み方や割り付け方・判型の見分け方などの解説があり、p23に「判型一覧」、p30に「刷り紙の大きさ」の表がある。

(3)『ALA図書館情報学辞典』Heartsill Young/[編] 丸山昭二郎/[ほか]監訳 丸善 1988年
ALA(アメリカ図書館協会)の編集による、図書館やその他の情報提供機関で使われる用語の事典。
p187~188「判型」の項目に、判型名と大きさなどが記載されている。

「紙類の規格制定の発端とその経緯(1)」米谷 稔
(「紙パ技協誌」1978年 32 巻 9 号 495-503 紙パルプ技術協会)
p497~498に、英国、米国、ドイツの判型についての記述がある。
この記事は、「J-STAGE」(国立研究開発法人科学技術振興機構が運営する電子ジャーナルプラットフォーム)から閲覧することができる。
(最終確認日:2021年2月15日)
  https://www.jstage.jst.go.jp/browse/-char/ja/
検索窓に論文名を入れて検索し、「PDF形式でダウンロード」を選択することで閲覧できる。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
図書館.図書館情報学  (010 10版)
図書.書誌学  (020 10版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
海外
出版物
サイズ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000291975解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決