このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
いわき市立いわき総合図書館 (2310140)管理番号
(Control number)
いわき総合-地域13
事例作成日
(Creation date)
2010年04月18日登録日時
(Registration date)
2012年08月09日 13時20分更新日時
(Last update)
2012年10月30日 17時36分
質問
(Question)
塩屋埼にまつわる伝説があれば知りたい。
回答
(Answer)
伝説関係の資料を確認しましたが、岬に関する伝説は見当たりませんでした。
塩屋埼灯台に関係する伝説(というか灯台の起源)に次のようなものがありましたので、参考まで にご案内します。

塩屋埼灯台の歴史は古く、11世紀初期に、小川の二ツ箭山の修験者・上平清賢が海の安全を願って 、江名合磯・巣平山に常夜灯を造ったのが始まりとされます。1854(安政元)年、上平亮賢が魚油 を燃料とする灯台を再興しましたが、ほどなく廃絶しました。塩屋埼灯台が完成したのは、1899( 明治32)年12月のことです。
(『のぼれる灯台14基』『福島県の歴史散歩』『いわきの伝説と民話』『いわき市史 第2巻』より )
回答プロセス
(Answering process)
1.資料を調査
【資料①】『のぼれる灯台14基』
P11に「地域余話」として江名合磯・巣平山の常夜灯の話があった。
【資料②】『福島県の歴史散歩』(山川出版社 2007)
P56に上小川の修験者・上平清賢が江名巣平山に常夜灯を造り、安政元年に上平亮賢が再興した旨 、記述あり。
【資料③】『いわき市史 第2巻』
P513に、安政元年に上平亮賢が再興した巣平山の踏雲閣(江名町合磯)は、魚油を燃料とした灯台 である旨、記述あり。
【資料④】『いわきの伝説と民話』(いわき地方史研究会 1977)
P203に「小川光明寺と塩屋埼灯台」あり、光明寺を建立した清賢法印と上平亮賢の話があった。

その他、『赤いイノシシ・いわきの伝説50選』『写真で綴るいわきの伝説』『浜通り伝説めぐり紀 行』『いわきの伝説ノート』『むかしあったんだっち』『ふるさとの伝説を旅するシリーズ』『豊 間の郷土史』『郷土誌 豊間小学校』『郷土誌 江名小学校』『いわきの山河』『みちのくいわきふるさと発見』『浜通り風土記』『いわきふるさと大百科』『地名の変化にみる、いわきの近代 』『絵はがきの中の「いわき」』など確認しましたが、塩屋埼の伝説に関する記述は確認できませ んでした。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
伝説.民話[昔話]  (388)
航海.航海学  (557)
日本史  (210)
参考資料
(Reference materials)
登れる灯台14基 [K/557/ノ]
その歴史 燈光会∥編
東京 燈光会 [2006.3]
福島県の歴史散歩  [K/291/フ]
福島県高等学校地理歴史 公民科(社会科)研究会∥編
東京 山川出版社 2007.3
いわき市史 第2巻  [K/210.1-1/イ]
いわき市史編さん委員会∥編
[いわき] いわき市 1975
いわきの伝説と民話  [K/388/イ]
いわき地方史研究会∥編
いわき いわき地方史研究会 1977
キーワード
(Keywords)
いわき
伝説
塩屋崎
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000109812解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!