このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
香川県立図書館 (2110006)管理番号
(Control number)
11686
事例作成日
(Creation date)
2010年08月08日登録日時
(Registration date)
2010年08月08日 12時17分更新日時
(Last update)
2017年10月02日 16時27分
質問
(Question)
歌謡曲「青い山脈」のエピソード、具体的にどの山が歌いこまれているのか知りたい。
回答
(Answer)
作詞についてはわからなかったが、作曲に関しては、『オリジナル盤による服部良一全集 解説集』に次のような記述がある。
・『オリジナル盤による服部良一全集 解説集』(清水英雄/監修 日本コロムビア COLUMBIA 1992年)
(CD「オリジナル盤による服部良一全集」(COCA-10401/10407)の別冊解説)(7678/H12/2)
p120~121
「…この曲のメロディは、当時服部が大阪駅から京都駅へ行くすし詰めの電車の中で生まれたという。ハッピ姿やハチ巻の闇屋の大群がぎっしりと乗り込み、服部は身動き出来ないまま、車窓からくっきり見える山脈(ヤマナミ)を眺めながら、健康的なメロディーを頭に画いていた。…」

その他、次の資料を見るが、回答に結びつくような記述はなかった。
・『写真で見る昭和の歌Ⅱ 戦後編』(福田俊二/編著 柘植書房 1992年)(7678/F2/2-2)
p67
日本人の最も好きな歌「青い山脈」
西条八十 作詞、服部良一 作曲等の情報はあるが、どの山をイメージして作られたか等の内容には触れられていない。

・『藤山一郎とその時代』(池井優/著 新潮社 1997年)(7678/F8/8)
「日本人の最も好む曲」の「青い山脈」に関する記述部分には触れられていない。

Wikipediaの「青い山脈(歌)」にもエピソードの項に、『オリジナル盤による服部良一全集 解説集』の記述とほぼ同様の内容が記されている。

歌詞はともかく、曲想については、大阪、京都間の電車の車窓から見える山脈(ヤマナミ)から得たということだろうか。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
声楽  (767 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
青い山脈
服部良一
藤山一郎
西條八十
流行歌
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000069956解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!