このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
中央-1-00518
事例作成日
(Creation date)
2013年04月11日登録日時
(Registration date)
2013年06月12日 12時16分更新日時
(Last update)
2013年07月02日 13時42分
質問
(Question)
「荒城の月」という歌の歌詞の情景がイメージできる解説書はあるか。
例えば、1番の「めぐる盃 影さして」の影とは何か、2番の「植うる剣」とは何か。
回答
(Answer)
次の2冊に詳しく載っていたので、提供した。
 『土井晩翠 栄光とその生涯』(土井晩翠顕彰会/編 宝文堂 1984) p.226
 『現代詩鑑賞講座 2 新しき詩歌の時代』(伊藤 信吉/[ほか]編 角川書店 1969) p.196

「めぐる盃 影さして」とは、松の枝の間からさしこむ月の光で、盃に影ができる光景、「植うる剣」とは、昔の光景のことで、夜襲などに備えて城の堀に並べた刀剣のこと。
回答プロセス
(Answering process)
・『荒城の月 土井晩翠と滝廉太郎』(山田 野理夫/著、恒文社、1987)は、土井晩翠と滝廉太郎の関係性についてで、歌詞の解釈は書かれていない。

・『『土井晩翠 栄光とその生涯』(土井晩翠顕彰会/編 宝文堂 1984) p.226に記載あり。特に、「植うる剣」についての考察が丁寧に書かれている。これは夜襲に備えて城の堀に並べた刀剣のことを表しているよう。

・『現代詩鑑賞講座 2 新しき詩歌の時代』(伊藤 信吉/[ほか]編 角川書店 1969) p.196に記載あり。「影さして」は、松の枝の間からさしこむ月の光で、盃に影ができる光景を指しているよう。

・以下の資料には解説は無し。
 『現代日本文學大系 12 土井晩翠 薄田泣菫 蒲原有明 伊良子清白 横瀬夜雨 河井醉茗 三木露風 日夏耿之介集』 土井 晩翠/著 筑摩書房 1971
 『明治文學全集 58 土井晩翠 薄田泣菫 蒲原有明集』 土井 晩翠/著者代表 筑摩書房 1967
 『日本の詩歌 別巻 日本歌唱集』 中央公論新社 2001
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
詩歌  (911 9版)
声楽  (767 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
荒城の月
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000132395解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!