このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
鳥取県立図書館 (2110007)管理番号
(Control number)
鳥県図20120061
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2012年06月16日 17時49分更新日時
(Last update)
2013年05月03日 14時23分
質問
(Question)
江ノ島で起こったボート事故に関する歌の歌詞を知りたい。
回答
(Answer)
1910年、逗子の開成中学の生徒12人が七里ヶ浜の沖でボート転覆によって全員死亡したことを悼んで、当時鎌倉高等女学校の三角錫子教諭が作詞。トマス・W・ガーデン作曲の讃美歌、大和田建樹作詞の明治唱歌「夢の外」をもとして作られた。当初この歌のタイトルは「哀歌」だったが、いつしか「七里が浜の哀歌」とされ、さらに「真白き富士の根」、「真白き富士の嶺」に変っていった。6番までの歌詞がある。
図書・新聞記事・CDを提供。
回答プロセス
(Answering process)
検索エンジンで“江ノ島”“ボート”“事故”で検索すると
1910年の七里ヶ浜のボート事故がヒット。“真白き富士の嶺”“真白き富士の根”“七里ヶ浜哀歌”のキーワードが出てくる。
OPACで“真白き富士の根”を検索すると1件、“真白き富士の嶺”で5件ヒット。“七里ヶ浜哀歌”はヒットせず。

『「唱歌」という奇跡十二の物語 讃美歌と近代化の間で』 安田寛/著 文藝春秋 2003.10
ボート事故と歌が作られたときのいきさつ、2番までの歌詞が掲載。
(文中には「真白き富士の根」の4番の歌詞、とあるため、p176、177の詩も3・4番の詩と考えられる)

『真白き富士の嶺 三角錫子の生涯』 村上尋/著
東京 足立区コミュニティ文化・スポーツ公社 1992.05
作詞者である三角錫子の伝記。「真白き富士の根」という題名で6節の歌詞がある。(p184~)

『唱歌のふるさとうみ』 鮎川哲也/著 音楽之友社 1995.09
“七里ヶ浜の哀歌”の章にボート事故と歌の作られたいきさつがある。当初この歌のタイトルは「哀歌」だったが、
いつしか「七里が浜の哀歌」とされ、さらに「真白き富士の根」、「真白き富士の嶺」に変っていったとある。3番までの歌詞と楽譜付。

・読売新聞データベース「ヨミダス歴史館」
「真白き富士の嶺」で検索すると、「[歌のあるばむ]真白き富士の嶺(明治43年) 波間に消えた12人の子ら」という記事がヒット。
(1984年1月22日朝刊26ページ)
ボート事故と歌が作られたときのいきさつ、6番までの歌詞と楽譜、が掲載。

・CD
『ボニージャックス全曲集』 ボニー・ジャックス キングレコード 1989
「七里ヶ浜の哀歌」として3番まで収録。

『ダーク・ダックスによる日本唱歌大百科 2 』 ダーク・ダックス キングレコード 1992
「七里ヶ浜の哀歌」として6番まで収録。

『渡辺はま子のすべて』 渡辺はま子 ビクター 1986 3200円
「真白き富士の嶺」として4番まで収録。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
声楽  (767)
音楽  (760)
小説.物語  (913)
参考資料
(Reference materials)
「唱歌」という奇跡十二の物語 讃美歌と近代化の間で (115283122 (767.7 /ヤスタ /一般S))
真白き富士の嶺 三角錫子の生涯 (111716405 (913.6 /ムラカ /一般H))
唱歌のふるさとうみ (112564854(767.7 /アユカ /一般H ))
ボニージャックス全曲集 (170018579 (JM /ホニシ /映録C))
ダーク・ダックスによる日本唱歌大百科 2 (170012472 (JM 童 /タクタ /映録C ))
渡辺はま子のすべて (170018131 (JM /ワタナ /映録C))
キーワード
(Keywords)
ボート事故
七里ヶ浜
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000107320解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!