このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
広島県立図書館 (2110011)管理番号
(Control number)
広県図実習2020-12
事例作成日
(Creation date)
2019年07月03日登録日時
(Registration date)
2020年09月16日 15時43分更新日時
(Last update)
2021年01月12日 11時16分
質問
(Question)
1 江戸時代の米の値段の変遷が知りたい。
2 現在のお金に換算するといくらにあたるか。
3 銀一貫は何匁か知りたい。
回答
(Answer)
1 江戸時代の米の値段の変遷が知りたい。
2 現在のお金に換算するといくらにあたるか。

参考資料1『時代考証辞典 [正]』【R210.5/I52-3】
 p.58-59 禄米の変換について
  「公定相場のきめ方」に,文化5年の棒米を金に換算した記述あり。
  「俸禄を現在の金に直す法」に,昭和46年の東京米価を計算した記述あり。
 p.293-300 貨幣と物価
  p.297 三貨表

参考資料2『日本史資料総覧』【R210.03/86ニ】
 p.134-140 通貨表(明治30年3月貨幣法発布まで)
  p.140 付:江戸時代貨幣一覧
 p.154-164 近世相場表(米相場)
  慶長1(1596)から慶応3(1867)までの相場が表にまとめられている。

参考資料3『一目でわかる江戸時代:地図・グラフ・図解でみる』【210/タ】
 p.18-19 物価と米価、貨幣価値はどうだったのか?
  p.19 米価1石の推移(大阪)
   1701(元禄14)年から1861(文久1)年までの推移がグラフでまとめられている。
   「米1石=金1両=銀60匁というのが、ひとつの目安である。飢饉のときには高騰しており、天保の飢饉のときの値上がりが著しい。」とある。

参考資料4『江戸物価事典』【R337.8/O67】
 p.51-60 天保の飢饉と物価
  p.56-58 文政十二年-天保十年米穀類の価格

3 銀一貫は何匁か知りたい。

参考資料3『一目でわかる江戸時代:地図・グラフ・図解でみる』【210/タ】(前出)
 p.16-17 金・銀・銭の三貨が別々に使われた
  p.17 金・銀・銭三貨の比率

参考資料5『武士の家計簿:「加賀藩御算用者」の幕末維新』【S210.58/103イ】
 p.45-103 猪山家の経済状態
  p.49 「合計で銀三〇七六・一九匁。これが猪山家の年収であった。丁銀など銀貨にして約三貫目(=三〇〇〇匁=一一・二五kg)とみてよい。」

参考資料6『度量衡の事典』【R609/106ア】
 p.32 貫
  「重量の単位。(略)1貫=1,000匁。」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
貨弊.通貨  (337 9版)
参考資料
(Reference materials)
1『時代考証事典 [正]』稲垣史生/著,新人物往来社,1979 (p.58-59 禄米の変換について
p.293-300 貨幣と物価)
2『日本史資料総覧』東京書籍,1986 (p.134-140 通貨表(明治30年3月貨幣法発布まで)
p.154-164 近世相場表(米相場))
3『一目でわかる江戸時代:地図・グラフ・図解でみる』竹内誠/監修,市川寛明/編,小学館,2004 (p.16-17 金・銀・銭の三貨が別々に使われた
p.18-19 物価と米価、貨幣価値はどうだったのか?)
4『江戸物価事典』小野武雄/編著,展望社,1979 (p.51-60 天保の飢饉と物価)
5『武士の家計簿:「加賀藩御算用者」の幕末維新』磯田道史/著,新潮社,2003 (p.45-103 猪山家の経済状態)
6『度量衡の事典』阿部猛/著,同成社,2006 (p.32 貫)
キーワード
(Keywords)
江戸時代
米価
時代考証
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000287240解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!