このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000260079
提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
南浦和-1-00047
事例作成日
(Creation date)
2017年9月13日登録日時
(Registration date)
2019年08月10日 16時59分更新日時
(Last update)
2019年09月22日 11時57分
質問
(Question)
「浜千鳥」という曲と、ショパンの「別れの曲」について、作曲者や曲の成り立ちなど詳しく知りたい。
回答
(Answer)
次の資料を提供した。
「浜千鳥」について
 『心にのこる日本の歌101選』長田暁二/著 ヤマハミュージックメディア 2008
 『懐かしき日本の名歌』野ばら社 2001
 『うたのいしぶみ 文学紀行 日本歌謡碑大系1』松尾健司/著 ゆまにて 1977

「別れの曲」について
 『ショパン 作曲家・人と作品』小坂裕子/著 音楽之友社 2004
 『フレデリック・ショパン全仕事』小坂裕子/著 アルテスパブリッシング 2010
 『ショパン・ピアノ名曲集』ドレミ楽譜出版社 1985
 『ショパン 作品篇』属啓成/著 音楽之友社 1989
 『読むだけで上手くなる!ピアノ名曲解説50』植田彰/著 リットーミュージック 2013
 『新編世界大音楽全集 器楽編 12 ショパンピアノ曲集 1』音楽之友社 1989
回答プロセス
(Answering process)
・事典類で調べてみる。
  ×R760.33『標準音楽辞典 ト-ワ索引』新訂第2版 音楽之友社 2008

・ジャパンナレッジで検索する
  デジタル大辞泉プラス
   「浜千鳥」 ・・・ 日本の唱歌の題名。作詞:鹿島鳴秋、作曲:弘田龍太郎。
            発表年は1920年。といった記載あり。
   「別れの曲」・・・ ショパンのピアノ曲集「12の練習曲(作品10)」の第3番の通称。
            といった記載あり。

・ショパンの書架を見てみる(「別れの曲」)
  ○762.34『ショパン 作曲家・人と作品』小坂裕子/著 音楽之友社 2004
    p.197~198 「別れの曲」が練習曲op.10-3として、演奏方法について記述あり。
  ○762.34『フレデリック・ショパン全仕事』小坂裕子/著 アルテスパブリッシング 2010
    p.46に6行ほど説明あり。
  ○763.2『ショパン・ピアノ名曲集』ドレミ楽譜出版社 1985
    p.12に曲の解説あり。
  ○762.34『ショパン 作品篇』属啓成/著 音楽之友社 1989
  ○763.2『読むだけで上手くなる!ピアノ名曲解説50』植田彰/著 リットーミュージック 2013
    p.54~55に解説あり。
  ○760.8『新編世界大音楽全集 器楽編 12 ショパンピアノ曲集 1』音楽之友社 1989
    p.223~に「別れの曲」の曲の解説あり。

・唱歌の書架を見てみる(「浜千鳥」)
  ○767.7『心にのこる日本の歌101選』長田暁二/著 ヤマハミュージックメディア 2008
    p.162~163  浜千鳥  p.162に楽譜、p.163に説明
  ○767.7『懐かしき日本の名歌』野ばら社 2001
    p.126~127  浜千鳥  楽譜と歌詞、5行ほどの説明あり。
  ○911.16『うたのいしぶみ 文学紀行 日本歌謡碑大系1』松尾健司/著 ゆまにて 1977
    p.107~ 記述あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
声楽  (767 10版)
音楽史.各国の音楽  (762 10版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000260079解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!