このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000029212
提供館
(Library)
岐阜県図書館 (2110001)管理番号
(Control number)
岐県図-0729
事例作成日
(Creation date)
2006年05月19日登録日時
(Registration date)
2006年06月28日 15時57分更新日時
(Last update)
2006年06月28日 15時57分
質問
(Question)
ある寺で所蔵している日本画の鑑定書に「帝国美術鑑定局」が昭和22年5月3日付で発行しているものがあったが、この機関・団体について分かる資料はないか。
回答
(Answer)
質問の団体が刊行していた『真偽評価書画鑑定指針(全31巻)』(第一書房,1983復刻 7書庫:707.9/ヨ)に「帝国美術鑑定局趣旨及規程」が収録されており、鑑定趣旨や料金、規程などが分かる。
回答プロセス
(Answering process)
1 『日本美術史大事典』(平凡社)、『近代日本美術事典』(講談社)など美術史関係の資料をあたったが、該当する記述は見当たらない。

2 「帝国美術院」の関連機関かと推定し、その後身である日本芸術院に問い合わせたが、同団体では鑑定は行っておらず、「帝国美術鑑定局」とも無関係とのことだった。

3 利用者に鑑定者などが分かるかを尋ねたところ、吉岡班嶺の名があるとの返答を得た。この人物名で蔵書検索をしたところ、『真偽評価書画鑑定指針(全31巻)』(第一書房,1983 7書庫:707.9/ヨ)が該当。帝国美術鑑定局が昭和7年に刊行したものをを第一書房が復刻したもの。これに「帝国美術鑑定局趣旨及規程」が収録されており、鑑定趣旨や料金、規程などが分かる。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
団体  (706 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
日本芸術院
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
団体
登録番号
(Registration number)
1000029212解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!