このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
千葉県立中央図書館 (2120001)管理番号
(Control number)
千県中千葉-2018-05
事例作成日
(Creation date)
2018年09月23日登録日時
(Registration date)
2018年12月18日 10時48分更新日時
(Last update)
2018年12月18日 11時23分
質問
(Question)
落語の演目「島鵆沖白浪(しまちどりおきつしらなみ)」の題材となった、佐原喜三郎について書かれている郷土資料はあるか。
回答
(Answer)
佐原喜三郎について記載のある資料が見つかりました。

【資料1】『八丈島流人銘々伝』(葛西重雄著 第一書房 1982)
p10、p99-104、p327に佐原喜三郎の記載があります。
p99-104の「佐原喜三郎」の項では、海野正造氏の研究成果を紹介しています。

【資料2】『千葉県の歴史 通史編近世2 県史シリーズ5』(千葉県史料研究財団編集 千葉県 2008)
p484-491「東下総地方の博徒 佐原の喜三郎と飯岡の助五郎」

【資料3】『近世侠客ばなし 春陽堂文庫 大衆小説篇』(子母沢寛著 春陽堂文庫出版 1941)
p70-120「佐原の喜三郎」

【資料4】『千葉県史跡と伝説 写真で綴る文化シリーズ 千葉県 2』(荒川法勝編 暁印書館 1990)
p178-182「八丈島遠島の身で日本庶民資料に名を留めた 佐原の喜三郎」

【資料5】千葉高校郷土研究部「逆島記探訪」(『房総史学』千葉県高等学校教育研究会歴史部会 21号 1981.3)p46-47
八丈島への研究旅行を中心に、佐原喜三郎と、著書の朝日逆島記について書かれています。

【資料6】今川徳三「佐原の喜三郎 流人の島八丈から島抜け 〈無頼の輩〉」(『歴史読本』 新人物往来社 平成3年8月特別増刊号 1991.8)p88-91

【資料7】『日本伝奇伝説大事典』(乾克己[ほか]編 角川書店 1986)
p418「佐原の喜三郎」の項あり。一部『東金市史 1 史料篇』(東金市役所 1976)p1071からの引用があります。

【資料8】『千葉大百科事典』(千葉日報社編集 千葉日報社 1982)
p365「佐原喜三郎」
佐原喜三郎の生涯を簡潔に紹介しています。

【資料9】「ご存じですか 佐原喜三郎」(『千葉日報』1994年9月10日)p16
【資料8】の事典を出典とした記事のため、ほぼ同内容が記載されています。

以下の資料は確認しましたが、記載がありませんでした。
『佐原市史 千葉県郷土誌叢刊』(佐原市役所編纂 臨川書店 1986)
『佐原町誌』(千葉県香取郡佐原町編輯 千葉県香取郡佐原町 1931)
『千葉県香取郡誌 千葉県郷土誌叢刊』(千葉県香取郡役所編纂 臨川書店 1985)「第二十一編 人物誌」の項になし
『千葉県人物・人材情報リスト 2017第1巻』(日外アソシエーツ株式会社編集 日外アソシエーツ(制作) 2016)なし
『千葉県人物・人材情報リスト 2017第2巻』(日外アソシエーツ株式会社編集 日外アソシエーツ(制作) 2016)巻末の索引になし。
回答プロセス
(Answering process)
(1)当館の蔵書検索システムにて、全項目「佐原 喜三郎」と検索する。
【資料2】【資料4】がヒットする。

(2)千葉県に関する資料のデータベース「菜の花ライブラリー」( http://www.library.pref.chiba.lg.jp/nanohana/index.html )にて「佐原 喜三郎」と検索する。
【資料5】【資料6】【資料9】がヒットする。
【資料9】の参考文献欄に【資料8】が記載されているため、内容確認した。
【資料8】に「参考文献 葛西重雄「八丈島流人銘々伝」昭和三九」とある。
当館蔵書検索システムにて書名「八丈島流人銘々伝」と検索し、【資料1】は1975年版と1982年版が当館所蔵あり。

(3)【資料5】などから得られた出身地(香取郡佐原村新田)の情報より、市町村史等を見る。
『佐原市史』『佐原町誌』『千葉県香取郡誌』は記載なし。

(3)『千葉県郷土資料総合目録 索引編』(千葉県公共図書館協会編集 千葉県立中央図書館 1978)
人名索引p146に「佐原喜三郎」の項があり、目録のタイトル番号1983と7767と記載されている。
『千葉県郷土資料総合目録 [第1集]』(千葉県公共図書館協会編 千葉県立中央図書館 1973)の該当番号を見る。
p169「1983 父島流人銘々伝 葛西茂雄・吉田貫三著 東京 吉田南光園 昭和39」所蔵場所は佐原市立図書館(現 香取市立佐原図書館)とあるが、現在の香取市立図書館蔵書検索システムではヒットしない。
p564「7767 近世侠客ばなし(第31版) 子母沢寛 東京 春陽堂文庫 昭和16」所蔵場所は県立図書館になっているので、当館の蔵書検索で書名検索し【資料3】がヒットした。

(4)当館職員より、【資料7】に佐原喜三郎の項目があるとの情報を得る。参考文献欄に【資料1】と『東金市史 1 史料篇』(東金市役所 1976)が記載されている。『東金市史 1 史料篇』p1069-1084「佐原騒動一件文書」内のp1071に引用箇所があるが、引用部分以外には喜三郎のことは書かれていない。
事前調査事項
(Preliminary research)
『佐原喜三郎と鹿島則文 江戸時代行刑史料八丈島流人の秘録』(海野正造著 柳翠史料館 1977)
『日本庶民生活史料集成 第1巻 探検・紀行・地誌』(三一書房 1968)p701-708「朝日逆島記」佐原喜三郎
『幕末巷談』(子母沢寛著 塩川書房 1930)p103-137「二 佐原喜三郞御牢内の記」
NDC
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『八丈島流人銘々伝』(葛西重雄著 第一書房 1982)(9101170677)
【資料2】『千葉県の歴史 通史編近世2 県史シリーズ5』(千葉県史料研究財団編集 千葉県 2008)(0200872180)
【資料3】『近世俠客ばなし 春陽堂文庫 大衆小説篇』(子母沢寛著 春陽堂文庫出版 1941)(9200073751)
【資料4】『千葉県史跡と伝説 写真で綴る文化シリーズ 千葉県 2』(荒川法勝編 暁印書館 1990)(9200268064)
【資料5】千葉高校郷土研究部「逆島記探訪」(『房総史学』千葉県高等学校教育研究会歴史部会 第21号 1981.3)p46-47(0501074942)
【資料6】今川徳三「佐原の喜三郎 流人の島八丈から島抜け 〈無頼の輩〉」(『歴史読本』 新人物往来社 平成3年8月特別増刊号 1991.8)p88-91(1500637902)
【資料7】『日本伝奇伝説大事典』(乾克己[ほか]編 角川書店 1986)(9102906834)
【資料8】『千葉大百科事典』(千葉日報社編集 千葉日報社 1982)(9200345350)
【資料9】「ご存じですか 佐原喜三郎」(『千葉日報』1994年9月10日)p16
キーワード
(Keywords)
佐原 喜三郎(サワラ キサブロウ)
千葉県―香取市(チバケン-カトリシ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000248698解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!