このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
宮城県図書館 (2110032)管理番号
(Control number)
MYG-REF-130131
事例作成日
(Creation date)
2013/7/18登録日時
(Registration date)
2013年10月25日 00時30分更新日時
(Last update)
2013年10月25日 00時30分
質問
(Question)
江戸時代に天ぷらを店の外で販売していた,と聞いたことがあるのだが,資料はあるか。
回答
(Answer)
1 江戸時代の「天ぷら屋」について
資料1 大久保洋子 監修『江戸っ子は何を食べていたか』青春出版社, 2005【383.81/052】
pp.86-89「天麩羅」の項
「屋台店で流行した江戸の「天麩羅」は、江戸前の新鮮な魚が自慢だった。定かでないが、天明(一七八一~一七八九)の頃、屋台店が多く現れた時期に出始めたのではないかと考えられている。(後略)」

資料2『ビジュアル・ワイド江戸時代館』小学館, 2002【210.5/02Z/ABタR】
pp.194-195「振り売りと屋台」の項に天麩羅の解説および「竹串に刺した天麩羅」の図があります。

そのほか、以下の資料にも記述があります。
資料3 杉浦日向子『大江戸美味(むま)草紙』新潮社, 1998【383.8/98X】pp.68-75

資料4 『平凡社大百科事典 10』平凡社, 1985【031/84Y/10R】p.406

資料5 遠山英志『テンプラ史論』青森県文芸協会出版部, 1991【383.8/912】
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
食品.料理  (596 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
てんぷら
天ぷら
天麩羅
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000139475解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!