このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
10-1A-200509-02
事例作成日
(Creation date)
2005/11/09登録日時
(Registration date)
2008年11月18日 02時10分更新日時
(Last update)
2010年04月21日 17時34分
質問
(Question)
カクテルの名前「ジン・バック(gin buck)」は、何に由来するものか?
英国の「バック」というパブの名からきた、と何かの本で読んだ覚えがあるのだが…。
回答
(Answer)
「カクテル : 初めてカクテルを作る : カラー図鑑」(成美堂出版)41ページ、ジン・バックの説明で、「ロンドンの名門バー、バックス・クラブが発祥だからとも、英語のバック(BUCK)に雄鹿や元気のいい若者といった意味があるので、そのキック感(酔いやすい感じ)から命名されたともいわれています。」と記述あり、ご紹介する。

また、サントリーHPのカクテルレシピ「ジン・バック」には、「“バック”とは、スピリッツにレモン ジュースとジンジャー・エールを加えて作るスタイルのことで、“Buck”には“Stag”(雄鹿)の意味があり、“キックのある飲み物”ということから名づけられたと思われる。」と紹介されている。
回答プロセス
(Answering process)
カクテルに関する当館資料を調査する。

 『カクテル : 初めてカクテルを作る : カラー図鑑』(成美堂出版)に記載確認。
 『世界のカクテル大事典 中』 (しゅるい研究社) G~Pa には、作り方のみの記載。

以下の資料について調査するもいずれも記載なし
 『カクテル百科』(成美堂出版)
 『カクテル教室』(保育社)
 『カクテルガイド』( 新星出版社)
 『カクテール全書』(ひかりのくに)
 『ワインと洋酒のこぼれ話』(第三書館) 

はてなDiary ジン・バック  http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B8%A5%F3%A5%D0%A5%C3%A5%AF  (2008.11.17確認)にも関連の記述があるが、文献の紹介はなし。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
食品.料理  (596 9版)
参考資料
(Reference materials)
『カクテル : 初めてカクテルを作る : カラー図鑑』成美堂出版,1993.7  ISBN 4-415-07873-7<当館書誌ID:0000326125>
『世界のカクテル大事典 中』 稲 保幸/著  しゅるい研究社 1999年 ISBN 4-341-13054-4 <当館書誌ID:0000770955>
サントリーHP カクテルレシピ「ジン・バック」
http://www.suntory.co.jp/cgi-bin/wnb/cktl.pl?ID=gin_buck  (2008.11.19確認)
キーワード
(Keywords)
ジン・バック
カクテル
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000049026解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!