このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000072623
提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000006317
事例作成日
(Creation date)
2010年04月08日登録日時
(Registration date)
2010年10月21日 16時29分更新日時
(Last update)
2010年12月11日 09時31分
質問
(Question)
坂本龍馬が、妻・お龍と霧島に旅行したときに書いた手紙について知りたい。
回答
(Answer)
慶応2(1866)年12月4日坂本乙女宛、霧島山(高千穂峰)を訪ねた様子が絵入りで書かれた手紙。『坂本龍馬全集』(坂本龍馬著 光風社書店 1978年)等に収載。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
『坂本龍馬全集』(坂本龍馬著 光風社書店 1978年) (p141)
『龍馬の手紙:坂本龍馬全書簡集・関係文書・詠草(講談社学術文庫)』(坂本竜馬原著 講談社 2003年)
 (p257)
『日本を今一度せんたくいたし申候:龍馬が「手紙」で伝えたかったこと』(木村幸比古著 祥伝社 2000年) (p168)
『坂本龍馬日記』上巻(菊地明編 新人物往来社 1996年) (p261)
キーワード
(Keywords)
坂本龍馬
楢崎お龍
坂本乙女
書簡
新婚旅行
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
寺田屋事件で右手を負傷した龍馬とお龍が、西郷吉之助(隆盛)、小松帯刀らの勧めにより、薩摩に旅行した際の様子を、姉の乙女に書き送った手紙。この旅は日本最初の新婚旅行と言われている。手紙の原本は、京都国立博物館所蔵。
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
伝記・人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000072623解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!