このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
千葉県立中央図書館 (2120001)管理番号
(Control number)
千県中参考-2011-0025
事例作成日
(Creation date)
2012/02/14登録日時
(Registration date)
2012年03月24日 02時00分更新日時
(Last update)
2012年03月27日 09時25分
質問
(Question)
ドナルド・キーン氏が、日本滞在初期に書いたといわれる、1960年代前後発表の、英文の日本文学の入門書を、英文のままの形で読むことができないか。
回答
(Answer)
1.2007年12月に、杏林大学で行われたドナルド・キーン氏杏林大学名誉博士号受章記念講演『日本文学と私』の中で、同氏は、以下のように解説しています。

 「ケンブリッジ大学との約束では、日本への留学は1年間でしたが、もう1年日本に滞在したかった。困っていたところ、コロンビア大学からまた話があり、さらに1年間いてもいいということでしたので、ケンブリッジ大学からコロンビア大学に移りました。このときの一番の仕事は『日本文学選集』でした。上下巻あり、上巻は古事記から幕末まで、下巻は明治初期から三島由紀夫まででした。少しはずかしいですが、この本ができたことで、外国の大学で日本文学入門を教えることができたのです。(中略)
 私の『日本文学選集』は53年前に発行されましたが、これは今でもアメリカやヨーロッパで一番利用されている日本文学入門の本です。私はこのようなことができ、非常にうれしいと思っています。」
 (出典:ドナルド・キーン「杏林大学名誉博士号受章記念講演(要旨)」(『学校法人杏林学園広報あんず』No.364 平成20年2月25日 p5-8))

2.この『日本文学選集』を、国立情報学研究所のNACSIS Webcatで検索してみると、英文では、以下が該当します。
 
 ・Anthology of Japanese literature : from the earliest era to the mid-nineteenth century / compiled and edited by Donald Keene. Special ed. ; Tokyo :
Charles E. Tuttle, 1956, 442, [2]p. ; 19 cm  別タイトル: 日本文學選集

3.同じ出版社で、2008年発行の同書が、千葉県立東部図書館にありますので、お取り寄せし提供します。

(インターネット最終アクセス:2011年12月27日) 
回答プロセス
(Answering process)
1.著者名の"Donald Keene"をキーに、自館OPAC及び国立国会図書館のNDL-OPACで検索するも、ヒット件数が多く、絞り込めず。

2.Googleで、"ドナルド・キーン"と"日本文学入門"の2つをキーに検索してみると、「ドナルド・キーン氏杏林大学名誉博士号受章記念講演(要旨)」にたどり着く。

3.2のpdfファイルを、"日本文学入門"で検索したところ、同氏の『日本文学選集』に触れた発言が見つかる。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本文学  (910 9版)
参考資料
(Reference materials)
『学校法人杏林学園広報あんず』No.364( http://www.kyorin-u.ac.jp/univ/outline/anzu/2008/anzu0802.pdf
キーワード
(Keywords)
日本文学選集
日本文学入門
英文
ドナルド・キーン
Donald Keene
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000104184解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!