このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
愛知淑徳大学図書館 (3310015)管理番号
(Control number)
ASN2019-01
事例作成日
(Creation date)
2019年05月22日登録日時
(Registration date)
2019年11月04日 13時40分更新日時
(Last update)
2019年11月04日 14時44分
質問
(Question)
『紫式部日記』に出てくる女房「小少将の君(こしょうしょうのきみ)」、「宮の内侍(みなのないじ)」、「式部のおもと(しきぶのおもと)」の経歴が知りたい。
回答
(Answer)
それぞれの人物について、『平安人名辞典』や『国書人名辞典』などで掲載を確認できました。
詳細は、回答プロセスをご確認ください。
回答プロセス
(Answering process)
1.基本事項を確認する
1-1.JapanKnowledge [契約データベース]
 「紫式部日記」(『日本国語大辞典』)
  平安時代の仮名日記。2巻。紫式部著。宮仕え中の寛弘5年(1008)秋から同7年正月までの見聞感想録。
  道長政権最盛期の宮廷生活を、土御門殿における敦成(あつひら)親王御誕生を軸に精細に描写した
  日記部分と、他の女房の批評や自己の生い立ち、性格、心境などを回想、述懐した消息的部分からなる。
 
 「紫式部」(『日本大百科全書(ニッポニカ)』)
  生没年未詳。平安中期の女流作家。『源氏物語』『紫式部日記』『紫式部集』を著し、『後拾遺和歌集』以下の
  勅撰集に60首近い歌がとられている。一条天皇中宮彰子(藤原道長娘)のもとに出仕。『紫式部日記』は
  1008年9月の彰子の皇子出産(後の後一条天皇)を軸に自己の心境を交えて記したものである。


2.人名から確認する
2-1.レファレンス資料  <分類:210(日本史)、281(伝記)>
以下の資料には、該当する情報がなかった
 『国史大辞典』(国史大辞典編集委員会編 吉川弘文館 1979.3-1997.4  210/KO53/*)
 『日本古代中世人名辞典』(平野邦雄, 瀬野精一郎編 吉川弘文館 2006.11  28103/H66)
 『日本古代人名辞典』(竹内理三, 山田英雄, 平野邦雄編 吉川弘文館, 1958.5-1977.7  281/N771/3) など

2-2.二次資料
次の資料から3人の名前を探し、収録資料を確認する。
【★1】【★2】『日本女性人名総索引』

2-2-1.小少将
p.279 「小少将(上東門院女房)」
 → "上東門院小少将、宣旨(敦成親王の宣旨)?、大納言?、源時通女?、源扶義女?
   源某女(時通の娘)?源廉子?"ともあり
    『平安人名辞典:長保二年』p.546、 『平安時代史事典』p.902、 『和歌大辞典』p.337 に掲載
p.355 「上東門院小少将(源時通もしくは源扶義の娘)」
    『日本女性人名辞典 普及版』p.558、 『国書人名辞典 第2巻』p.536 に掲載
p.388 「宣旨(敦成親王の宣旨)」
    『平安人名辞典:長保二年』p.556に掲載
p.400 「大納言(源扶義の娘、廉子)」
    『日本の女性名:歴史的展望 上巻』p.211に掲載
p.698 「源時通女(小少将か?)」
    『平安人名辞典:長保二年』p.610に掲載
p.702 「源扶義女(上東門院少将)」
    『平安人名辞典:長保二年』p.614に掲載
p.703 「源某女(時通の娘、小少将)」
    『平安時代史事典 資料・索引編』p.156に掲載
p.705 「源廉子(源時通の娘?、源扶義の養女?源則理の妻?)」
    『平安人名辞典:長保二年』p.617、『平安時代史事典』p.2457、『平安時代史事典 資料・索引編』p.156
    『国書人名辞典 第4巻』p.488に掲載

2-2-2.式部のおもと
p.328 「式部のおもと(橘良芸子の妹)」
    『平安人名辞典:長保二年』p.550に掲載

2-2-3.宮の内侍
p.714 「宮の内侍」
    → "尚書命婦?、橘良芸子"とあり
p.354 「尚書命婦(『権記』)」
    『平安人名辞典:長保二年』p.552 に掲載
p.437 「橘良芸子」
    『平安人名辞典:長保二年』p.562、 『平安時代史事典 資料・索引編』p.154 に掲載

2-3.[2-2]より、収録資料を確認する
2-3-1.小少将
【★3】『平安人名辞典:長保二年』
  p.546 「小少将」
  p.556 「宣旨」 ・・・ 「東宮〔敦成親王〕の宣旨」の項目を確認
  p.610 「源時通女」 ・・・ 『栄花物語』と『紫式部日記』の2種類の項目あり
  p.614 「源扶義女」 ・・・ "上東門院少将"と"源簾子〔大納言の君〕をみよ。"の2種類の項目あり
  p.617 「源簾子」

【★4】『平安時代史事典』
  上巻 p.902 「小少将①」
  下巻 p.2457 「源廉子」
  資料・索引編 p.156 「日本古代後宮表 平安時代(中期)④一条・三条朝」
              → ”源廉子” ”源某女(小少将①)”の情報あり。出典は「紫式部日記」だった。

 『和歌大辞典』(犬養廉 [ほか] 編 明治書院 1986.3 9111/I59)
  p.546 「小少将」

 『日本女性人名辞典』(芳賀登 [ほか] 監修 日本図書センター 1998.10 28103/N77/ア)
  p.546 「上東門院小少将(じょうとうもんいんこしょうしょう)」・・・依拠文献として『和歌大辞典』が記載

 『国書人名辞典』(市古貞次 [ほか] 編 岩波書店 281/I14/*)
  第2巻 p.536 「上東門院小少将」
  第4巻 p.488 「源簾子」

2-3-2.式部のおもと
【★3】『平安人名辞典:長保二年』
  p.550 「式部のおもと」・・・内容の出典は『紫式部日記』。文末に"「宮の内侍(橘良芸子)」の評に続く"と記載あり

2-3-3.宮の内侍
【★3】『平安人名辞典:長保二年』
  p.552 「尚書命婦」
  p.562 「橘 良芸子」・・・「式部のおもと」の内容は無し

【★4】『平安時代史事典』
  資料・索引編 p.154 「日本古代後宮表 平安時代(中期)④一条・三条朝」 ”橘良芸子”の情報あり


3.系図から確認する
3-1.【★5】リサーチ・ナビ <キーワード:日本△系図>
   「日本の系図(系譜)集」 → 参考資料リスト掲載

3-2.[3-1]より、該当年代の参考資料を確認する
次の資料は、「小少将の君」についての掲載は確認できたが、該当するような情報は得られなかった。
また、「式部のおもと」、「宮の内侍」に該当する人物の情報を確認できなかった。
 『尊卑分脉』([洞院公定編] 吉川弘文館 1957-1964 210088/KO53/SO48(*) )
  索引 p.173 「少将」 "③383(源扶義女子、上東門院女房)"とあり
  第3篇 p.383 「宇田源氏」  "女子(上東門院少将)"

 『系図纂要 新版』(名著出版 1990- 1999  2882/KE29/*)
  名諱索引 p.523 「扶義(源)---女 上東門院少将」 "⑧498"とあり
  第8冊下『宇多源氏』 p.498 「源朝臣姓 佐々木流」  "女子 上東門院少将"の記載のみ


以上
<Web最終確認日:2019/07/30>
事前調査事項
(Preliminary research)
【情報源・背景】
<質問者所持資料>
『紫式部日記 紫式部集』(紫式部[著];山本利達校注 新潮社 2016.1)
 p.77 「小少将の君」・・・源時通の女。倫子の姪。源則理と結婚したが別れて後、中宮の女房となる。
     「宮の内侍」・・・中宮の女房。橘良芸子。もと東三条院の女房。
 p.78 「式部のおもと」・・・橘良芸子の妹。上野介(こうずけのすけ)橘忠範の妻で、寛弘三年(1006年)夫と死別し、その後、中宮に出仕したらしい。
⇒ これらの注釈は、1~2行で終わっているため、もう少し詳しい経歴が知りたい。

『尊卑分脉』([洞院公定編] 吉川弘文館 1957-1964 210088/KO53/SO48(*) )
 質問者自身で確認したが、名前を発見できなかった。
NDC
日本  (281 10版)
日本史  (210 10版)
日本文学  (910 10版)
参考資料
(Reference materials)
【★1】日本人名情報研究会 編著 , 日本人名情報研究会. 日本女性人名総索引 上(あーち). 日本図書センター, 2002.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000003682351-00 , ISBN 4820562940 (当館請求記号:281/N771/1)
【★2】日本人名情報研究会 編著 , 日本人名情報研究会. 日本女性人名総索引 下(つーわ). 日本図書センター, 2002.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000003682355-00 , ISBN 4820562959 (当館請求記号:281/N771/2)
【★3】槙野広造 編 , 槙野, 広造, 1925-. 平安人名辞典 : 長保二年. 高科書店, 1993.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002252802-00  (当館請求記号:28103/MA35)
【★4】古代学協会・古代学研究所 編 , 古代学協会. 平安時代史事典. 角川書店, 1994.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002394496-00  (当館請求記号:2103/KO173/*)
【★5】リサーチナビ< https://rnavi.ndl.go.jp/rnavi/ > (国立国会図書館が提供する調べものの窓口となるサイト)
キーワード
(Keywords)
小少将の君(こしょうしょうのきみ)
宮の内侍(みなのないじ)
式部のおもと(しきぶのおもと)
紫式部日記
紫式部
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000263679解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!