このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000263277
提供館
(Library)
北海道立図書館 (2110028)管理番号
(Control number)
参調 19-0009
事例作成日
(Creation date)
2018/04/05登録日時
(Registration date)
2019年11月01日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年11月01日 00時30分
質問
(Question)
ナポレオンの部下(将軍)について以下のことを知りたい。

1 人数
2 一人一人の説明(出生から死没まで、出身、経歴)

■調査済資料
『ナポレオン自伝』ISBN4-02-257911-0
『図説ナポレオン』ISBN978-4-309-76236-4
『面白いほどよくわかる世界の戦争史』ISBN4-537-25304-5
『フランス革命』ISBN978-4-8163-4877-8
『皇帝ナポレオンのすべて』ISBN978-4-404-03635-3
『ナポレオンの元帥たち』ISBN4-88317-886-2
『ナポレオンの軽騎兵』ISBN4-88317-851-X

■調査済HP
「フランス将軍」 http://napoleonicwars.web.fc2.com/portrait/f-generals.html
回答
(Answer)
ナポレオンの伝記資料(289.3)及びナポレオンが軍政を掌握していた時代(235.064)を中心に、フランス史にかかる資料を調査。

1 『ナポレオン帝国』p102に、1792年4月20日~1814年4月5日までの期間の何らかの時点で現役だった将官の人数として、「2,248人」という記載あり。出典はフランスの研究論文の由。この他に、ナポレオンの指揮下の将官について人数等に言及した資料は見つからず。

2 人数が多いため、一人一人の説明は見つからず。
 『ナポレオンの戦場』の欄外に、本文中に記載のある様々な人物の紹介文があり、その中で将官(元帥を含む)を紹介している箇所が多数あり。
 なお、調査済HPとして提示のあった「ナポレオン戦争紳士録 フランス将軍」も確認したが、出典情報はないものの、上記資料と比較しても、このサイトがいちばん詳しいものと思われる。

 また、将官の経歴については通読して確認する必要があるが、参考資料として、最終階級を大佐で退役したフランソワ・ヴィゴ=ルシヨン著『ナポレオン戦線従軍記』を合わせて紹介する。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 7版)
参考資料
(Reference materials)
1 ナポレオン帝国 ジェフリー・エリス?[著] 杉本/淑彦?訳 岩波書店 2008.12 235.064/NA p102

2 ナポレオンの戦場 柘植久慶∥著 原書房 1988.12 289.3/NAP

1 ナポレオン戦線従軍記 フランソワ・ヴィゴ=ルシヨン∥[著] 滝川好庸∥訳 中央公論社 1982.1 235.06/NA
キーワード
(Keywords)
ナポレオン
将官
将軍
元帥
大陸軍
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事項調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000263277解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!