このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000168929
提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢新所-2014-010
事例作成日
(Creation date)
2014/03/02登録日時
(Registration date)
2015年03月13日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年03月13日 13時58分
質問
(Question)
菅原道真が大宰府に左遷される直前、重陽の節句のときに詠んだ詩のことが知りたい。
回答
(Answer)
該当の詩は、醍醐天皇が出した「秋思」という題によって菅原道真が作った詩「九日後朝、同賦秋思、應制」です。
下記資料に記載されています。
 
 〇『菅原道真』 (人物叢書) 坂本太郎/著 吉川弘文館 1990年
 〇『日本古典文学大系』 72 菅家文草・菅家後集 岩波書店 1978年
 〇『菅原道真』 物語と史蹟をたずねて 嶋岡晨/著 成美堂出版 1985年
  
また、以下のWebサイトにも記載されています。
 〇「秋思詩 漢詩紹介<日本の漢詩>」公益社団法人 関西吟詩文化協会ホームページ
回答プロセス
(Answering process)
1.所蔵資料の内容確認 
  〇『菅原道真』 (人物叢書) 坂本太郎/著 吉川弘文館 1990年
   p.175 「略年譜」内、「(延喜元)四 九〇一年 五十七歳」時に「正月七日、従二位に除す○同月二五日、太宰権帥に左遷す~(後略)」と記述あり。
   左遷された901年頃の記述について同図書内を探す。
   p.123 「(前略)~の詩は、昌泰三年(九○○)重陽の内宴に侍して「秋思」という題で制に応じて上った、次の詩をうけて詠じたものである。」と記述があり、後に詩が記載されている。
  〇『日本古典文学大系』 72 菅家文草・菅家後集 岩波書店 1978年
   p.474 「473 九日後朝、同賦秋思、應制。」の詩の始まりが「丞相度年幾樂思~」であり、注釈部には「「九日の後朝、同じく秋思を賦す、制に応えまつる」。紀略、醍醐天皇、昌泰三年九月十日の条に「公宴、題云、秋思」とある。」と記述あり。   
  〇『菅原道真 物語と史蹟をたずねて 嶋岡晨/著 成美堂出版 1985年
   p.148 「九月――重陽の宴の翌日(後朝)、天皇の出した「秋思」の題によって、道真はつぎの詩を作ってこたえる。~(後略)」
 
2.インターネット検索 
  〇公益社団法人 関西吟詩文化協会( http://www.kangin.or.jp/
   「漢詩・詩歌」→「日本の漢詩」内に「秋思詩(しゅうしのし)」として詩の解説、作者略伝等の記載あり。
 
3.内容を確認したが記載のなかった資料 
  ×『読める年表・日本史』 川崎庸之/[ほか]総監修 自由国民社 2003年
  ×『国史大辞典』 8 国史大辞典編集委員会/編 吉川弘文館 1987年
  ×『世界大百科事典』 14 平凡社 2007年
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
小説.物語  (913 9版)
参考資料
(Reference materials)
菅原道真 (人物叢書) 坂本太郎/著 吉川弘文館 1990.1 289.1 4-642-05181-3
日本古典文学大系 72 菅家文草・菅家後集 岩波書店 1978 918
菅原道真 物語と史蹟をたずねて 嶋岡晨/著 成美堂出版 1985.8 913.6 4-415-06556-2
公益社団法人 関西吟詩文化協会 : 秋思詩 http://www.kangin.or.jp/what_kanshi/kanshi_B05_3.html 2015/02/13
キーワード
(Keywords)
菅原道真
漢詩
菅家後集
九日後朝、同賦秋思、應制
秋思詩
醍醐天皇
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000168929解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!