このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000030590
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2006-014
事例作成日
(Creation date)
2006/7/7登録日時
(Registration date)
2006年09月14日 02時11分更新日時
(Last update)
2008年04月21日 15時55分
質問
(Question)
伊豆大島の動植物の固有種について何らかの資料があったら紹介してほしい。その他で何か参考になる情報があれば教えてほしい。
回答
(Answer)
所蔵資料
『動物分布調査報告書 昆虫類13 東京都』は、伊豆諸島特産種を紹介し、つづく調査票に大島で生息する昆虫名と選定基準の記述がある。固有種という言葉はないが、特産種はこの固有種にほぼ匹敵すると思われる。
『伊豆諸島の植物誌』は大島だけではないが、その植生が詳解されており、「伊豆諸島植物目録」が付され、植物が和名ごとに何島に自生しているかがわかる。「固有種」という表現はなかったが紹介する。
インターネットの情報
《東京都大島町公式サイト》
では、「大島の植物」という項目があり、クリックすると大島もしくは伊豆諸島の固有種、準固有種の植物について2ぺージにわたって画像入りの情報が見られる。
http://www.town.oshima.tokyo.jp/highlight/kazan.html  2006/07/07最終確認)
回答プロセス
(Answering process)
所蔵資料
『動物分布調査報告書 昆虫類13 東京都』(1980)
冒頭で伊豆諸島からのみ発見されている伊豆諸島特産種を紹介し、つづく調査票に大島で生息する昆虫名と選定基準(Aが特産種)がわかる。この書では固有種という言葉はないが、特産種はこの固有種にほぼ匹敵すると思われる。

同様の報告書に下記の資料があるが該当の記事は見あたらず。
『動物分布調査報告書(淡水魚類) 東京都』(1979)『動物分布調査報告書(哺乳類) 東京都』(1979)

『伊豆諸島の植物誌』(1983)には、大島だけではないが、その植生が詳解されており、「伊豆諸島植物目録」が付され、植物が和名ごとに何島に自生しているかがわかる。
『東京の自然をたずねて』(新訂版 1998)は第5章が「伊豆諸島の自然」で、簡略だが大島などの島々の動植物が紹介されている。
『図説 日本の植生』(2005)では、第7章「島嶼植生」の中で活火山島植生の遷移の観点から、伊豆大島の植物に関する記述があり。
上記3点には特に「固有種」という表現はなかったが、植物に関する資料として紹介する。

インターネットの情報。
《東京都大島町公式サイト》
〈大島の植物〉という項目があり、クリックすると大島もしくは伊豆諸島の固有種、準固有種の植物について2ぺージにわたる画像入りの情報が見られる。
http://www.town.oshima.tokyo.jp/highlight/kazan.html  2006/07/07最終確認)
《フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)》
を「伊豆諸島」で検索すると「生物相」の項目で、固有生物について少々記述あり。
http://ja.wikipedia.org/wiki/  2006/07/07最終確認)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
生物地理.生物誌  (462 9版)
植物地理.植物誌  (472 9版)
動物地理.動物誌  (482 9版)
参考資料
(Reference materials)
『動物分布調査報告書 昆虫類13 東京都』(環境庁1980)
『伊豆諸島の植物誌』(杉山武久 大島町(東京都) 1978)
キーワード
(Keywords)
生物地理
伊豆大島-東京都
生物誌-動物誌-植物誌
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000030590解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!