このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000006964
事例作成日
(Creation date)
2010年12月04日登録日時
(Registration date)
2011年05月03日 16時46分更新日時
(Last update)
2011年05月03日 16時46分
質問
(Question)
良純(りょうじゅん)親王が、甲府市の興因寺(こういんじ)に滞在したことについて書かれた資料があるか。
回答
(Answer)
『山梨百科事典』(山梨日日新聞社編・発行 1989年)、『山梨県史』通史編3 近世(山梨県編集 山梨日日新聞社 2006年)などに関連の記述がある。また、「峡南の郷土」第7集(峡南郷土研究会 1971年8月5日)などの雑誌や紀要にも関係論文の掲載がある。後陽成天皇第8皇子の良純親王は天皇の怒りにふれ、寛永20(1643)年湯村(甲府市)に配流、その後積翠寺(甲府市)にある興因寺に移り12年間、さらに明暦元(1655)年に薬王寺(西八代郡市川三郷町三珠地区)に移り5年間謫居した。配流から17年後の万治2(1659)年、赦免されて京都に帰った。詳細については照会資料をご覧ください。
回答プロセス
(Answering process)
1『山梨百科事典』(山梨日日新聞社編・発行 1989年)を確認。
・「興因寺」の項には「1643(寛永20)年、後陽成天皇第8皇子、智恩院門主二品良純親王が天皇の怒りにふれ湯村(甲府市湯村三丁目)に配流されたが、その後興因寺に移られ1689(明暦元)年、京都から許しが出るまで17年間住まわれた」などの記述がある。
・「良順法親王」の項にも、甲斐国配流について記述があり、その理由としては「京都島原の芸妓(ぎ)三芳野を愛され、帝のお怒りにふれたともいい、あるいは背後に政治問題があったためとも伝えられている」とある。また、「初め湯村(甲府)にご入来、積翠寺の興因寺に12年間、後に三珠町上野の河浦山薬王寺に移られて5年間、たく(謫)居された」とある。

2.山梨県内の寺院関係資料を調査すると、次のものに関連の記述があった。
・『甲斐国社記・寺記(山梨県史料』第3巻 寺院編(山梨県立図書館編・発行 1966年)41
・『甲斐百八霊場:山梨の名刹をたずねて』(テレビ山梨編著・発行 1992年)p151
・『定本・甲斐百寺:その歴史と文化』(磯貝正義ほか編 郷土出版社 1996年)p110

3.県史、市町村史誌を調査すると、次のものに関連の記述があった。
・『山梨県史』通史編3 近世(山梨県編集 山梨日日新聞社 2006年)p31-32
・『山梨県史』通史編4 近世(山梨県編集 山梨日日新聞社 2006年)p575→参考資料として「裏見寒話」が挙げられている。
・『甲府市史』史料編 第4巻 近世3(甲府市史編さん委員会編 甲府市 1987年)p748-750→「八宮良純親王甲州左遷記」(甲州文庫)ほかの資料、翻刻の記載あり。
・『甲府市史』通史編 第2巻 近世(甲府市市史編さん委員会編集 甲府市 1992年)→p119-120「八宮良純親王の甲府蟄居」の項あり。
・『甲府市史』市制施行以後(甲府市史刊行委員会編 甲府市 1964年)p1927
・『三珠町誌』(三珠町誌編纂委員会編 三珠町 1980年)p1301

4.3で『山梨県史』に参考資料として挙げられていた「裏見寒話」を、『甲斐叢書』第6巻(甲斐叢書刊行会編 第一書房 1974年)により確認→p71-72に興因寺の項目あり。

5.その他、次のものにも関連の記述があった
『甲斐国志(大日本地誌大系)』第3巻(松平定能編 雄山閣 1971年)p316
『山梨県勢総覧』(沢登幸寿編著 山梨県史誌刊行会 1936年)p9
『甲斐史』(土屋操編 名著出版 1975年)p292

【追加調査2011.2.13】
6.自館システム及びNDL-OPACの雑誌記事索引で検索すると、次の雑誌・紀要に関連論文の掲載があった。
・「峡南の郷土」第7集(峡南郷土研究会 1971年8月5日)p28-31収載「八の宮良純親王甲府配流の真相」(村松蘆洲著)
・「峡南の郷土」第31集(峡南郷土研究会 1991年3月20日)p35-41収載「八の宮良純親王の足跡」(青嶋長雄著)
・「甲斐路」第106号(山梨郷土研究会 2004年8月20日)p55-58収載「甲遠両国の良純法親王」(沼田晃佑著)
・「都留文科大学研究紀要」第55号(都留文科大学 2001年)p168-158収載「配流の親王と甲州:後陽成天皇八宮」(大内瑞恵著)→インターネットの「都留文科大学学術機関リポジトリ」( http://trail.tsuru.ac.jp/dspace/ ※2011.2.13確認)でも閲覧可( http://trail.tsuru.ac.jp/dspace/bitstream/trair/443/1/055168.pdf ※2011.2.13確認)

※次のものは未所蔵だった。
・「国語学論考」第39号(都留文科大学国語国文学会 2003年3月)p24-41収載「「この里過ぎよほととぎす」考:良純法親王伝承についての一試論」」(大内瑞恵著)
・「東洋学研究」通号 41(東洋大学東洋学研究所 2004)p41-62収載「良純法親王年譜稿」(大内端恵著)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
系譜.家史.皇室  (288 9版)
日本  (291 9版)
寺院.僧職  (185 9版)
参考資料
(Reference materials)
『山梨百科事典』(山梨日日新聞社編・発行 1989年) (p325,p1052)
『山梨県史』通史編3 近世(山梨県編集 山梨日日新聞社 2006年) (p31-32
)
『山梨県史』通史編4 近世(山梨県編集 山梨日日新聞社 2006年) (p575)
『甲府市史』史料編 第4巻 近世3(甲府市史編さん委員会編 甲府市 1987年) (p748-750)
『甲府市史』通史編 第2巻 近世(甲府市市史編さん委員会編集 甲府市 1992年) (p119-120)
『甲府市史』市制施行以後(甲府市史刊行委員会編 甲府市 1964年) (p1927
)
『甲斐叢書』第6巻(甲斐叢書刊行会編 第一書房 1974年) (p71-72)
『甲斐国社記・寺記(山梨県史料』第3巻 寺院編(山梨県立図書館編・発行 1966年) (p41
)
キーワード
(Keywords)
興因寺
良純親王
良純法親王
後陽成天皇
後陽成天皇
山梨県
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
・興因寺(こういんじ)は甲府市下積翠寺町にある、伊豆の曹洞宗最勝院末寺。
・良順親王は、第107代後陽成天皇(元亀2(1571)~元和3(1617))の第8皇子、八の宮とも言う。18歳で得度し、知恩院門主二品となった。
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土(人物-中世)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000085824解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!