このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000140403
提供館
(Library)
札幌市中央図書館 (2210002)管理番号
(Control number)
130407_札中調
事例作成日
(Creation date)
2013年04月07日登録日時
(Registration date)
2013年11月12日 19時18分更新日時
(Last update)
2014年02月08日 11時13分
質問
(Question)
世界と日本の絶滅危惧種の最新のリストがみたい。
回答
(Answer)
下記情報及び資料を提供する。

・『日本の絶滅のおそれのある野生生物 改訂 1~9』(自然環境研究センター)
「IUCN日本委員会」(国際自然保護連合)
「生物多様性情報システム」(環境省)
回答プロセス
(Answering process)
当館契約データベース「ジャパンナレッジ」で検索語「絶滅危惧種」で検索する。

世界ではIUCNから「レッド・データ・ブック」、日本では環境省から日本版レッド・データ・ブック『日本の絶滅のおそれのある野生生物』が発行されていることがわかる。

次に、環境省自然局生物多様センター生物多様性情報システムの「絶滅危惧種情報」で、「レッド・リスト」と「レッド・データ・ブック」の違いなどを調べる。

「レッドリスト」は5年ごとに公表。最新は平成24年、25年の第4次レッドリスト。
「レッドデータブック」は概ね10年ごとに刊行。現在は平成12年~18年刊行の第2次「レッドリスト」に対応したもの。
同ウェブサイトで第4次レッドリストがダウンロード可能。

世界のレッドデータブックの日本語版は刊行なし。
IUCNが1996年に発表した絶滅のおそれのある動物種の一部を掲載した『レッド・データ・アニマルズ 動物世界遺産』ぐらい。
IUCNのウェブサイトでレッドリストの検索は可能(英語)。

また、各地域および団体等でも独自のレッドデータブックを作成している。
日本のレッドデータ検索システム」なども参照されたい。
リサーチ・ナビにも「調べ方案内」あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
生物地理.生物誌  (462 9版)
動物学  (480 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
絶滅危惧種
レッドデータ
レッドリスト
ジャパンナレッジ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
※ウェブサイトについて参照(2013-11-12)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000140403解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!