このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000150667
提供館
(Library)
小山市立中央図書館 (2310088)管理番号
(Control number)
小山市-地域-26
事例作成日
(Creation date)
平成26年3月12日登録日時
(Registration date)
2014年03月16日 19時01分更新日時
(Last update)
2015年01月31日 18時39分
質問
(Question)
小山市 持宝寺にある鐘に刻印されている銘文に関する資料はあるか。孝謙天皇、弓削道鏡などと刻されているが・・。
回答
(Answer)
『小山郷土文化研究』第5集(小山市郷土文化研究会/編 小山市教育委員会 1963)
「小山市の梵鐘」(藤田 幾喜/著)が収録されており、寺院鐘銘について記述があります。
持宝寺の梵鐘については、p.90~102に記されています。

『小山市内の廃寺を訪ねて』(博物館友の会郷土史部会/編 博物館友の会郷土史部会 2010)
p.69に、持宝寺の紹介があります。境内に安置されている梵鐘(市指定有形文化財)の写真と刻印内容の一部が掲載されています。
また、p.49~51大正寺の紹介の中に、持宝寺との関連を考察する記述があり、江戸期に残された文書写等が掲載されています。

『小山郷土文化研究』第15集(小山市文化財専門委員会/編 小山市教育委員会 1973)
上記『小山市内の廃寺を訪ねて』の記述中に参考資料として盛り込まれている「小山砂子」(武井 佐久三/[校訂])が収録されています。p.28の8行目に、持宝寺についての記述がありますが、梵鐘については触れていません。

『小山市文化財保護調査年報 12(小山市文化財調査報告書 第73集)』(小山市教育委員会 2006)
p.15 市指定文化財の表中、番号14として、種別:有形文化財(工芸品)、名称:梵鐘、指定年月日:昭和40.4.27、所在地:宮本町 持宝寺、と記されています。その他の記述はありません。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
寺院.僧職  (185 9版)
関東地方  (213 9版)
参考資料
(Reference materials)
小山市郷土文化研究会/編. 小山郷土文化研究 第1〜5集. 小山市教育委員会, 1961.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I016501680-00
小山市郷土文化研究会/編. 小山郷土文化研究 第15集. 小山市教育委員会, 1973.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I016522788-00
小山市文化財保護調査年報12 平成17年度(2005−2006). 小山市教育委員会, 2006. (小山市文化財調査報告書 ; 第73集)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I043549160-00
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000150667解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!