このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-1998-092
事例作成日
(Creation date)
1999/03/14登録日時
(Registration date)
2007年04月24日 02時10分更新日時
(Last update)
2010年01月08日 17時09分
質問
(Question)
田中訥言(江戸期の画家)の絵・書を見たい。
回答
(Answer)
「田中訥言」(山田秋衛)と「田中訥言と復古大和絵-略伝と作品の解説」(木下稔 徳川黎明会「金鯱叢書 3」所収)が愛知県図で所蔵している。『名古屋市史 学芸編』の口絵に掲載あり。その他の情報をあわせて回答する。
回答プロセス
(Answering process)
『国史大辞典』より江戸時代後期の復古大和絵派画家、尾張の人(1767-1823)とわかる。参考文献は下記の通り、所在情報等がわかる。
①森村宜稲編「訥言画集」が《NACSIS》から(中島京栄社 1927)で東芸大芸術学、日文研所蔵とわかる。
②山田秋衛「田中訥言」
③木下稔「田中訥言と復古大和絵-略伝と作品の解説」(徳川黎明会「金鯱叢書 3」所収)。
『日本人物文献目録』より「国華 72、83、95」(埼県図所蔵は81-)に収録資料あり。
『日本学術資料総目録・美術工芸』より作品は徳川美術館等で所蔵とわかる。
徳川美術館に問い合わせたところ、③は昭和53に出版したが所蔵しないとの回答をいただく。
愛知県図に問い合わせたところ、②③を所蔵する。
関連情報として『名古屋市史 学芸編』口絵に1枚あり。
雑誌記事索引より「江戸期の土佐派・住吉派・復古大和絵派について」(「古美術 100号 1991.10」)があるが、県内公共図未所蔵。
以上の情報を伝える。
事前調査事項
(Preliminary research)
「本朝画人伝」には載っていなかった。
NDC
日本画  (721 9版)
参考資料
(Reference materials)
『名古屋市史 学芸編』(愛知県郷土資料刊行会 1979) 
キーワード
(Keywords)
画家-大和絵
田中 訥言(タナカ トツゲン)
江戸時代-尾張-愛知
照会先
(Institution or person inquired for advice)
徳川美術館
愛知県図書館
寄与者
(Contributor)
愛知県図書館
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵機関調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000034679解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!