このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000112257
提供館
(Library)
福井県立図書館 (2110037)管理番号
(Control number)
福井県図-20120908
事例作成日
(Creation date)
2012年09月08日登録日時
(Registration date)
2012年10月06日 15時20分更新日時
(Last update)
2012年10月06日 15時20分
質問
(Question)
昭和37年(あるいは36年)12月に、岡倉天心の生誕百周年の顕彰展や像の制作などが
福井であったようだが、その新聞記事を知りたい。また、美術館建設運動とも関係
があったらしいが、そのことについても知りたい。
回答
(Answer)
「福井新聞」S37.11.6に「岡倉天心顕彰展」の記事が、同11.11に「岡倉天心胸像除幕式」
と「記念祭」の記事がある。昭和37年秋の一連の行事は「岡倉天心先生生誕百周年の記念
事業」として、福井県文化協議会が中心となって実施され、美術館建設運動推進がその中心
的構想にあったことが『福井県文化史』1945-1962 に記述されている。
回答プロセス
(Answering process)
1. 自館OPACで「岡倉天心」で、郷土資料に限定して検索。
  → 県内での刊行物は数点。うち『岡倉天心と福井』岡倉天心顕彰会(1962)と『岡倉天心の生涯』沢村龍馬著 岡倉天心顕彰会(1982)には、関連記載なし。
   ・『岡倉天心顕彰展[目録]生誕百年記念』岡倉天心顕彰会(1962)
    :昭和37年開催の顕彰展の簡易な目録(写真図版有)。表紙に「1962」とあるほかは、
     発行年月等の記載はない。巻末に合同茶会の日程「11月5日~11日」が記載。
2. 『福井県文化史』1945-1962 福井県文化協議会(1963)をあたる。
→ p328~329に、福井県文化協議会の「岡倉天心先生生誕百周年の記念事業」として、昭和37年秋の以下の4事業が記載されている。
  (1)胸像の建立:雨田光平制作、11月10日に除幕式(於 福井市郷土歴史館前)
  (2)岡倉天心顕彰展(及合同茶会,華展): 11月5日~11日開催(於 福井放送会館)
  (3)「岡倉天心と福井」の刊行 (*上述1.の図書)
  (4)記念祭:11月10日開催(於 人絹会館)
3. 上の2.に該当する「福井新聞」の記事をあたる。
→ 以下の2件の記事(いずれも写真あり)を確認。
  ・「天心顕彰展始まる」:S37.11.6 第6面。2.(2)の事業。
  ・「天心の胸像除幕式 孫の古志郎氏ら出席」:S37.11.11 第10面。2.(1)(4)の事業。
4. 美術館建設運動との関係については、『福井県文化史』1945-1962 に以下の記述がある。
→ 「美術館(文化会館)建設運動」(p347~352)のなかに、「昭和37年、県文協が、
岡倉天心先生生誕百周年を記念して記念事業を実施したが、その中心的構想は、
美術館建設運動を推進することであった」と書かれている。
*(参考)上述『岡倉天心と福井』の写真図版中に、「1962年10月2日より14日まで、上野松阪屋で開催された『岡倉天心展』の模様」として2枚の写真が掲載されている。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 8版)
芸術史.美術史  (702 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
岡倉天心
福井県文化協議会
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000112257解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!