このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000103662
提供館
(Library)
鳥栖市立図書館 (2310075)管理番号
(Control number)
鳥栖参-045
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2012年03月15日 17時10分更新日時
(Last update)
2012年08月24日 15時16分
質問
(Question)
奈良の大仏を開眼した天皇はだれか。
回答
(Answer)
開眼の筆を執ったのは天平八年(七三六)五月に請われて来日をしていたインドの僧、菩提僊那であった。
開眼筆には縹(紺色)の縷が結びつけられ、それをすでに天皇の位を譲っていた聖武太上天皇、光明皇后、孝謙天皇、文人、武官、一万人の僧など参列者が持ち、ともに開眼したのである。
702.1/ツ『もっと知りたい 東大寺の歴史』筒井 寛昭/著 2010年 東京美術 (p24より引用)

以下資料にも大仏開眼についての記載あり
・K718/イ『奈良の大仏をつくる』石野 亨/文 2004年 小峰書店(p6)
・918/イ『新日本古典文学大系14 続日本紀3』1992年 岩波書店 (p118、p498)


鳥栖市立図書館
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
芸術史.美術史  (702)
日本史  (210)
仏像  (718)
参考資料
(Reference materials)
R210.3/サ『六国史 巻3・巻4 増補 続日本紀』
佐伯 有義/校訂標注 1988年 名著普及会 ((p386))
キーワード
(Keywords)
奈良の大仏
開眼
大仏開眼会
大仏開眼供養会
東大寺盧舎那仏像
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000103662解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!