このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000187453
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2015-123
事例作成日
(Creation date)
2015/05/30登録日時
(Registration date)
2016年01月22日 10時22分更新日時
(Last update)
2016年03月15日 17時56分
質問
(Question)
ドナルド・キーンが書いたエッセイ「花子」について、花子のモデルが「太田久」という人物らしいが、名前の表記は「太田ひさ」が正しいのかどうか知りたい。
回答
(Answer)
複数の資料に「本名「太田ひさ」」という記述があり、これを紹介した。
『ドナルド・キーン著作集 7 足利義政と銀閣寺』(ドナルド・キーン著 新潮社 2013)
 p349 「花子の本名は太田ひさ」とあり。
小松伸六著「ロダン花子」(『歴史読本 1972年7月号 17-7』p112-113 新人物往来社 1972.7)
 太田花子について「本名太田ひさ」とあり。
『和魂洋才の系譜 内と外からの明治日本』(平川祐弘著 河出書房新社 1987)
 p279-311「森鴎外の『花子』 -見返りの心理-」
 p283「花子(本名太田ひさ)」とあり。
 p291「女優花子と鴎外の『花子』との関係は極めて薄いものであり、実在の花子と作中の花子は違っている点があり」とあり。
 p293 手紙に「太田ひさ」ではなく、芸名として知られていた「太田花子」と署名しているとの記述あり。
《岐阜大学機関リポジトリ》
林正子著「森鴎外『花子』における〈生命〉の〈美〉」(「岐阜大学地域科学部研究報告 第3号」p142-120 岐阜大学 1998)
 p135「花子は本名・太田ひさ」とあり、花子の人生の略述あり。「ロダンと邂逅」との記述もあり。
 p133「これこそ、ロダンが発見したものであり、鴎外に短編「花子」を書かせる原動力となったものである。」とあり。
 p122花子の系図あり。「ひさ(花子)」。
https://repository.lib.gifu-u.ac.jp/bitstream/123456789/4442/1/KJ00004182465.pdf  岐阜大学図書館 2015/05/27最終確認)
『ロダン事典』(フランス国立ロダン美術館監修 淡交社 2005)
 p421に「花子(太田ひさ)」あり。
 「森鴎外の短編『花子』は両者の交流に想を得たフィクション」との記載がある。
 また、p165に花子をモデルにした彫刻2点が掲載されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本文学  (910 9版)
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
『ドナルド・キーン著作集 7 足利義政と銀閣寺』(ドナルド・キーン著 新潮社 2013), ISBN 978-4-10-647107-0
『和魂洋才の系譜 内と外からの明治日本』(平川祐弘著 河出書房新社 1987), ISBN 4-309-00463-6
「岐阜大学地域科学部研究報告 第3号」(岐阜大学 1998)
『ロダン事典』(フランス国立ロダン美術館監修 淡交社 2005), ISBN 4-473-03244-2
キーワード
(Keywords)
Keene Donald(キーン ドナルド)
太田 ひさ(オオタ ヒサ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000187453解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!