このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000180194
提供館
(Library)
県立長野図書館 (2110021)管理番号
(Control number)
県立長野-15-013
事例作成日
(Creation date)
2015年04月07日登録日時
(Registration date)
2015年09月20日 10時02分更新日時
(Last update)
2016年04月26日 10時57分
質問
(Question)
吉田松陰が黒船に密航しようとした時に、佐久間象山から送られた詩がある。
その詩の題が知りたいが原文があるか。
回答
(Answer)
『象山全集 第2巻』中の「象山先生詩鈔 上」p30に、「送吉田義卿 九月十八日」がある。この詩について、『評伝佐久間象山 上』(松本健一著 中央公論新社 2000)p38~40に以下のような内容の記述と、詩の原文・書き下し文があるので、これが該当の詩と思われる。
 松陰が密航(下田踏海)をおこなったのは嘉永7年(安政元年・1854)3月27日で、その前年にプチャーチンが長崎に来航して開国・通商を要求したさい、松陰は密航を計画して長崎に赴こうとし、象山は激励のために「吉田義卿を送る」の詩をつくって松陰に渡した。9月18日は松陰が長崎に発った日である。松陰の密航計画はペリー艦隊の再来航の時まで延期されたが、密航事件をおこしたとき、松陰はこの詩を携帯しており、このために象山も事件に連座する結果をまねいた。
回答プロセス
(Answering process)
① 当初の質問は書簡ではないかということであったので『象山全集』第3巻、第4巻をみたが該当なし。
② 『評伝佐久間象山 上』でp38「吉田松陰の密航にさいして」、p41「非常の人」をみる。回答欄の内容あり。詩の題名が「吉田義卿を送る」とわかったので、詩歌を所収する『象山全集 第2巻』中の「象山先生詩鈔 上」をみる。p30に該当の詩原文があり。これを紹介。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
漢詩文.日本漢文学  (919)
個人伝記  (289)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
佐久間象山
吉田松陰
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000180194解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!